美味しくコーヒーを飲める場所・カフェ

カフェ発祥の地・フランスのパリ

カフェと聞いたら、どんな風景をイメージしますか?
フランスの街路に面しているカフェを思い浮かべる人も、多いでしょう。

カフェの発祥の地は、フランスのパリと言われています。
カフェ

カフェ・イメージ画像

そんなパリでは、多数のカフェ店が街路に面して存在しており、歩道近くまでテーブルや椅子が置かれています。フランスでは、カフェが日常生活に溶け込んでいると言って良いでしょう。

ちなみにカフェ内の場所によって、料金が違うそうです。一番高い料金設定は、テラス席だそうです。一番お安い場所は、カウンターの立ったまま飲む場所です。店内のテーブル席は、高くも安くもない中間の料金となっているようです。

現在では、日本国内でも様々なカフェが登場しています。オープンカフェやカフェバー、インターネットカフェや猫カフェなど、様々なスタイルのカフェがあります。

あと余談になりますが、「カフェ」とは本来「コーヒー」を意味していました。それが今では、コーヒーを提供する「お店をカフェ」と言うようになりました。

銀座のブラジルコーヒー・カフェ

銀ブラとは、銀座の街をブラブラと歩く事、つい先日までそう思っていました。ですが、あるカフェの事を知ってから、そうではないと知りました。

有名な話なので、すでに「ご存じの方」が多いと思いますが、銀ブラとは、「銀座でブラジルコーヒーを飲む」という事を意味しているそうです。銀座には、とても美味しいブラジルコーヒーを飲めるカフェがあり、そこでコーヒーを飲む事を言っていたそうです。

つい先日まで、銀座でブラブラ歩く事だと勘違いしていました。今後もしも銀座の街に行ったら、ぜひ「そのカフェ」で、ブラジルコーヒーを飲んでみたいと思いました。

おかわり自由だったら、なお嬉しい

「コーヒーのおかわり自由」
 

実は、飲食店や喫茶店、料理店などで、2杯目からのコーヒーの「おかわり」が自由という「お店」が結構あります。

店内で「のんびり」と「くつろぎたい」なら、このような「おかわりサービス」を利用できる「お店」が良いでしょう。

おかわりの仕方は、それぞれの店によって異なります。スタッフの人が店内を巡回してコーヒーを注いでくれたり、ご自身がレジに並んで「おかわり」をもらったりなどがあります。

おかわりできるコーヒーの種類も様々です。ホットコーヒーやホットカフェオレを「おかわりできる店」もあれば、価格が高い物(プレミアムコーヒーなどと呼ばれている物)については、おかわりできないという店もあります。

近所に「おかわりできる店」があるなら、行きつけの店にしてみましょう。
心地良い時間を過ごせると思います。