ニキビ治療の民間薬「どくだみ」

「どくだみ」の汁

どくだみ「どくだみ」は、北海道以外の日本全国に自生しています。ハート型の可愛らしい葉の形をしています。刈り取って乾燥させて、家庭で健康茶として飲んでいる人も多いと思います。

「どくだみ」は、ニキビ治療の民間薬としても有名な物です。症状が軽い場合では、「どくだみ」の汁を使う民間療法があります。

使い方

まず「どくだみ」の葉を絞って、汁を取ります。
その汁を1日に何回か、ニキビにつけてください。

「どくだみ」は、かなり強烈なニオイを発します。そのニオイの元になっているデカノイドアルデヒドという成分は、薬効成分の一つです。この成分は、強い抗菌力を持っています。

なお、この成分は乾燥させてしまうと効力が弱まってしまいます。なので「ニキビ」や「おでき」の治療に使う時は、生のまま使うほうが適しています。

どくだみとユキノシタの絞り汁

ニキビが化膿してしまった時、民間薬では「どくだみとユキノシタの絞り汁」が効果的な薬と言われています。

作り方

「どくだみ」と「ユキノシタ」は、摘みたての新鮮な物を用意します。新鮮な物のほうが、抗菌力が強いからです。

丁寧に水洗いする、または熱湯をサッと掛けて殺菌します。その後別々にすりおろして、絞り汁を取ります。
どくだみの絞り汁とユキノシタの絞り汁を、同量ずつ混ぜ合わせます。
それをガーゼにしみ込ませて、ニキビの化膿した部分に湿布します。

「どくだみ」の煎じ汁

普段からニキビが出来やすい人は「どくだみ」の煎じ汁を「お茶代わり」に飲むと、ニキビが出来にくい体質になります。

作り方

煎じ汁の作り方は、乾燥させた「どくだみ15g」を「水600ml」で沸かして、水が半分になるまで煎じます。

使用する「どくだみ」は、6月から8月の花が咲く頃に刈り取った物です。それを水洗いしてから、日干しして乾燥させた物を使います。

フェイスケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム