珍しいと言える「夢が叶う事」

色んな場面や状況で「きっと夢は叶う」なんて言われたりします。実際に、本当に夢を叶えた成功者たち(スポーツや経済界の成功者たち)が、子供たちに向かって「夢を諦めずに、頑張ってほしい」と言ったりします。

ただし実際のところ、夢を実現できる人は「一握り」と言えます。多くの場合で、夢は人数限定だったりするからです。例えば、レギュラーになれるのは11人までと決まっている、社長は一つの会社につき一人と決まっています。

夢が叶うのは限られた人たちだけということより、夢が叶う事は珍しい事と言えます。よって、ほとんどの人において、夢は叶いません。

夢に再挑戦できる環境

希望そんな厳しい現実に対応するためには、夢が破れてしまった場合の心のケアと、再び夢に挑戦する環境を整えることが必要です。現実の世界では、夢に破れた人は馬鹿にされたりします。そんな状況を堪え忍ぶには、適切に心をケアする必要があります。

なお「時間」と「お金」が続く限り、何度でも夢を叶えるために努力しても良いです。たった一度の挑戦で夢が叶う事は稀です。よって再挑戦できる環境をいかにして作り出すかが、夢を叶えるのに大事と言えそうです。

夢を叶える環境の例として、「目標」や「願い」を紙に書いて部屋の壁など見える場所に貼り付けておく、というものがあります。
「目標」や「願い」を紙に書いて目立つ場所に貼り付けておけば、自然とその「目標」や「願い」を実現するように行動するのかもしれません。100%「願い」が叶うとは言えません。ですがどうしても実現したい目標があるなら、試してみる価値はあると思います。

あと最後に、成功者の皆さんからは、夢が叶わなかった時のリスクと立ち直る対策についても助言していただけたら助かる、と思いました。



タイトルとURLをコピーしました