育毛製品を選ぶ目安・日本毛髪協会

2001年12月4日に、日本毛髪業協議会が設立されました。
2003年6月30日に、法人化しました。それと同時に名称が変更されて、日本毛髪協会となりました。
この協会では髪に関わる事業において、かつら・増毛・育毛事業を主体として活動している事業者が、対象となります。毛髪業界の「さらなる発展」を目指して、設立されました。

ガイドライン

ガイダンス日本毛髪協会には、毛髪業界の取引に関するガイドラインがあります。

例えば営業基準としては、
「重要事項説明書を交付すること」
「消費者に情報提供する際に、誤認・誤解をさせる行為、不退去、強要、監禁を禁止すること」
という基準があるそうです。

契約の締結の基準では、
「契約書の記載事項」「8日間のクーリング・オフ」「中途解約についての精算方法」があります。

広告の基準では「診断・クリニック・必ず生える・完全」など、医療法に抵触するような用語の使用を禁止しています。そして消費者トラブルの「きっかけ」になる用語の使用を、禁止しています。

※ガイドラインについては、最新の情報をご確認ください。

育毛製品の信頼性の目安

毛髪業界では製品やサービスについて、ガイドラインが定められています。このガイドラインは、日本毛髪協会の業者に対するものとなります。

育毛のサービスを利用する場合、

日本毛髪協会の業者かどうか確かめる事は、安心してサービスを受けられるかどうかの目安になるでしょう。

同様に育毛剤を選ぶ場合も、製品の説明や使い方をしっかり確認しましょう。
毛髪サービスの事業者も育毛剤も、出来る限り信頼できるものを選んでください。