スタイルが引き締まって見える、Aラインのドレス

Aラインのウェディングドレス

ドレスを着た女性ウェディングドレスには、様々なラインがあります。プリンセスライン、マーメイドライン、ベルラインなど、色々あります。
その中でも、ずっと人気があるウェディングドレスにAラインという物があります。このAラインというドレスは、1955年のパリ・コレで、クリスチャン・ディオールが発表したドレスラインです。

このウェディングドレスの特徴は、スカート部分がウエストから裾にかけて、アルファベットの「A」のようにまっすぐに広がったラインです。Aラインという名前の通りと言えます。
「ウエストでの切り替え」がなく、縦のラインが強調されます。なので腰のラインがスッキリして、スタイルが引き締まって見えます。引き締まって見えますが、スタイリッシュ過ぎることはありません。ゴージャスなシルエットを作り出してくれます。このウェディングドレスなら、「女性らしいエレガントさ」を演出してくれるでしょう。

他のライン

ちなみにウエディングドレスのラインには、 Aラインの他にもいくつかのデザインがあります。例えばシンプルなデザインが好きな方には、スレンダーラインが向いているでしょう。

スレンダーラインでは、その名の通り「ふんわりした部分」はありません。スカートにおいては、まるで足先まで一直線に落ちたラインになっています。そんな風にシンプルだけれども、「エレガントさ」は失われていません。とても上品なドレスと言えます。
見た目がシンプルなため、小物がアクセントになります。例えばブーケなどが目立ちます。ドレスと同じくらいにアクセサリーなどのアイテムにこだわりたい方に、向いているドレスと言えます。

多くの方が着こなせるドレス

クリスチャン・ディオールのAラインドレスは、身長や体型に関係なく、どんな方でも着こなせるバランスの良いウェディングドレスと言えます。初めてウェディングドレスを着る方に、おすすめです。身長の低い方でもウェストの位置が高いので、脚が長く見えます。ヒールを履けば、さらに高く見せることができます。

スタンダードなウェディングドレスと言えますが、デザインや素材によって様々な表情を見せてくれるドレスとも言えます。実際のところ、Aラインドレスのデザインは豊富にあります。なので自分にピッタリなウェディングドレスが、きっと見つかると思います。

以上ウェディングドレスについて言いましたが、日常で着るドレスにおいても、Aラインは素敵なデザインです。普段着でも、Aラインのドレスを活用してください。

ファッション
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム