野菜の鮮度を保ったまま保管できる場所

冷蔵庫の野菜室

野菜を上手に保存する事は、美味しい野菜を食べられる事に繋がります。なるべく「新鮮さ」を保つように、野菜を管理しましょう。

野菜を保管する際、とりあえず冷蔵庫に入れておけば大丈夫と思ったりするでしょう。実際に冷蔵庫に入れておくと、ある程度長持ちする野菜もあります。
※ただし野菜によっては、冷蔵庫で冷やし過ぎてダメになったりする物もあるそうです。

冷蔵庫には野菜室と呼ばれている場所があります。ご家庭で野菜を保管するなら、野菜室で保管しておけば、まず問題ないでしょう。
冷蔵庫の野菜室は、野菜にとって心地良い環境と言えます。しかし、多くの種類の野菜を野菜室に入れる場合は、それぞれの野菜にとって最適とは言えない場合もあるようです。

ラップで包むと、なお良いです

ちょっと面倒ですが、一つ一つの野菜をラップなどで包んでおくほうが、それぞれの野菜が良い状態で長持ちするでしょう。特に、切り刻んでバラバラになった野菜や強いニオイがする野菜は、個々にラップしておくほうが良いです。

野菜室を使うならラップは不要と言える。確かに、その通りです。だけど、野菜の保存状況がイマイチだと感じたら、ラップを用いる事も検討してみましょう。

冷暗所

ところで冷蔵庫以外の場所で、野菜の保管に適した場所はあるのでしょうか。そんな場所として冷暗所があります。
その名が示すように、暗くて(直射日光が当たらなくて)ひんやりしている場所になります。冷暗所で保存可能な野菜は、結構あります。例えば「芋やゴボウ、レンコンや玉ねぎ」という根菜類は、冷暗所で保管できるとされています。

なお自宅には、冷暗所と呼ばれる場所はない事が多いです。除湿剤を使ったりして、冷暗所みたいな場所を自分で用意する事になるかもしれません。そのような場所がないなら、無理をせずに冷蔵庫の野菜室に野菜を保管しましょう。

ずっと生きている野菜

新鮮な野菜野菜や果物は、収穫された後も生きている物とされています。
なので保存する環境は、野菜や果物にとって生きやすい環境である事が大事です。新鮮な野菜を食べたいと思っているなら、特に野菜の保存環境に気を配る必要があります。

手間暇がかかりますが、野菜の鮮度を保つには

各野菜をラップして、「冷蔵庫の野菜室」や「自宅内の冷暗所」で保管するのが良いです。

そうは言っても、全ての野菜をラップするのはちょっと面倒という方もいるでしょう。そんな場合は、ニオイが強い野菜や、切り刻んで断面がむき出しの野菜だけでも、ラップをするようにしましょう。

野菜
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム