ガス代を節約できて、美味しい料理を作れる圧力鍋

鍋のガス代を節約する方法

蓋をする事

調理器具の鍋全体の節約術として、蓋(ふた)をするという「やり方」があります。蓋をすると熱が逃げないので、節約に役立ちます。あと、味を「しみこませる効果」もあり、料理が美味しくなるでしょう。

底が厚い鍋

そして鍋は、基本的に底が厚い物のほうがガス代の節約になります。
底が厚いと、熱が伝わりにくいという印象があるかもしれません。でも、それは最初の数秒だけです。鍋の底は一度熱を帯びれば、今度は熱が逃げにくくなります。よって、ガス代節約となります。

安い鍋だと、熱が伝わりにくい、熱が逃げやすいということがあります。これではガス代の負担を増やしてしまうでしょう。あと、料理の味にも悪い影響が出ることがあり、その上壊れやすいです。できれば値段が高くても、しっかりした鍋を購入しましょう。

火の調節

コンロの火については、「お鍋の大きさ」に合わせて調節しましょう。お鍋が小さい場合に強火だと、無駄になります。

「火の強さ」については、「中火」で調理すると「お得」だと言われています。弱火では、かえって熱効率が悪いようです。よって結果的に、時間やガス代が掛かってしまいます。

あと、鍋底の水滴をしっかりと拭いてから火にかけるようにしましょう。水滴がついているままだと、余分に火力が使われてしまうからです。

圧力鍋

圧力鍋ガス料金を節約する時に重要なのは、やはり「キッチン周り」でしょう。

圧力鍋を使うことは、節約術としてかなり効果を期待できます。圧力鍋は、最初煮立たせるまでは中火です。しかしそれ以降は、ずっと弱火です

圧力鍋を用いれば、普通の鍋なら数時間ほどの時間が掛かるカレー料理などを、数十分で作れます。
また、豚の角煮などでも、圧力鍋なら調理時間が短いです。
節約術の点だけでなくて、時間が掛かる料理も作りやすくなります。作りやすい料理の種類を増やすという意味でも、圧力鍋が1個あると便利です。

多くの場合、圧力鍋を使えば短い時間で調理できます。なので、ガス代の節約に繋がります。圧力鍋は結構な値段がしますが、ガス代と調理時間を節約できるので「おすすめの調理器具」です。

ロイヤルフィスラーの圧力鍋

ロイヤルフィスラーは、1845年に創業された歴史のある調理器具ブランドです。そして、圧力鍋の代表的なブランドとも言えます。その圧力鍋は音が静かであり、スプリング式なので蒸気や匂いを鍋の外にもらしません。とても使いやすいタイプの圧力鍋です。

このような圧力鍋を使うと、調理時間の短縮ができます。
例えば煮物の定番である「肉じゃが」を作る際、加熱時間が約6分ほどで作れます。
鶏肉と里芋の煮物についても、約6分ほどで作れます。
ロールキャベツの場合でも、約10分ほどで作れるでしょう。

普通の鍋を使って煮込み料理を作るのに比べて、短い時間で作れます。圧力鍋は、普段の料理で「ぜひ活用したい調理器具」と言えます。