少量の「お湯」を「こまめに飲み切る」なら、電気ケトルが便利です

電気ケトルの性能

電気ケトルの基本的な性能は、どのメーカーも「ほとんど同じ」と言って良いでしょう。
例えば「どのメーカーの物」でも、倒した時に「お湯がこぼれるのを防止する」ように作られています。

独自の機能

もちろん、独自の機能が付いている物もあります。例えば「お湯」が沸いた時に、ブザーで知らせてくれる機能です。
または、簡単に「ふた」を取り外しできて洗いやすいなど、「使いやすさ」の点でも違いがあると思います。
このような独自の機能が必要なら、そのメーカーの製品を買う事になるでしょう。

お茶を作るのに便利な機能

電気ケトルには、沸騰した瞬間に「自動的に電源が切れるという機能」があります。この機能を活用して、手軽に「お茶」を作れます。以下に、その手順を書きます。

  1. ケトルの中に、お茶っ葉と水を入れます。
  2. コンセントを挿してあるケトルの専用台に、電気ケトル本体を乗せます。
  3. その後、自動的に「お茶」が沸きます。そして自動で電源が切れます。

以上で、電気ケトル内に「お茶」が出来ました。
もしも冷たい「お茶」が欲しい場合は、電気ケトル本体を冷蔵庫に入れて冷やします。

少量の「お湯」を沸かせる利点

電気ケトルの利点は、

少量の「お湯」を短時間で沸かせる事にあります。

電気ケトル先程みたいに、2,3杯の「お茶」を沸かしたい時に重宝します。

電気ケトルを使いこなしたい場合、自分が毎日どのくらいの「お湯を使う」のか、知っておきましょう。
例えば少量の「お湯」を「こまめに飲み切る」という方なら、電気ケトルを充分に活用できると思います。

キッチン用品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム