コーヒーで産み分けできる、という迷信

コーヒーで産み分ける方法

迷信と言われている方法として、男の子がほしい場合、濃いコーヒーを飲むという「産み分け」の方法があるそうです。

Y精子は、元々X精子よりも元気が良いです。そしてさらに元気にさせるために、セックス前に濃いコーヒーを飲みます。濃いコーヒーを飲むことで精子に刺激を与えて元気にする、という方法になります。
コーヒーに含まれているカフェインに「精子を刺激する働き」があるということは、実証されているようです。

なお、コーヒーを飲むのは、セックスの15分から30分前に飲むようにしてください。
性交の約30分前に、男性がコーヒーを飲むことによって、男の子になるY精子を活発にさせる事を目指します。活発になったY精子は、卵子に到達して受精する可能性が高くなります。よって男の子が産まれやすい、となる訳です。

カフェインの作用で産み分ける?

疑問あくまでも参考程度にしていただきたい事なのですが、コーヒーを飲む事で産み分けできると言われています。その根拠は、先ほど言ったように「濃いめのコーヒーを飲むと、Y精子が活発になるから」という意見です。

実はコーヒーというよりは、コーヒーに含まれているカフェインに、このような作用があると言われています。

カフェインによって、なぜY精子だけが活発になるのか?
私にはよくわかりませんが、学術的にもカフェインと精子の関係が実証されているそうです。なので、本当にそうなのかもしれません。

この「コーヒー(カフェイン)の働き」を利用して、「産み分け」を目指す事になります。
もう一度繰り返し言いますが、参考程度にお考えください。あと、カフェインが含まれている飲み物、例えば紅茶や緑茶に対しても、同じような産み分け効果を期待できます。

迷信だと判断しましょう

以上、迷信による産み分け方法でした。

なお、医学的な方法として、専門医から「産み分け」について指導してもらえる方法があります。「産み分け」を専門としている産婦人科を見つけて、そこの医師から指導を受けることになります。