人の健康と関係がある腹式呼吸

冷え性の改善

腹式呼吸は、人の健康と関係があると言えます。例えば、ヨガの基本中の基本となる呼吸法は、腹式呼吸と言われています。姿勢と重心を意識しながら、ゆっくりと呼吸することをすすめています。

腹式呼吸を行なうことは、冷え性の改善にも繋がる可能性があります。腹式呼吸をすることは、自律神経を整えることになります。そして自律神経を整えることは、体温調節機能の改善に繋がります。よって、冷え性の改善にもなります。深く呼吸することは、体温調節をスムーズにしたり血行を促進したりすることに繋がる、と言えます。

ちなみに冷え性は、体の「姿勢の良し悪し」とも関係があります。普段から猫背になっている人は、血液の循環が悪いため、冷え性になりやすいそうです。
猫背は、冷え性という体温の低下の原因になるだけではなくて、見た目の印象も「やや悪い」です。猫背の人に対する印象として、「元気がなさそう」「年齢より老けて見える」という指摘があります。
日常生活においては、意識して背筋をスクッと伸ばすようにしましょう。そうすれば、猫背という「姿勢の悪さ」を改善できて、しっかりとした呼吸も行なえるでしょう。

代謝の向上

腹式呼吸は、ダイエットでも活用されています。その「やり方」は、お腹で深呼吸する感じです。特に難しいことはありません。腹式呼吸を正しく覚えれば、簡単に行なえます。

ところで深く呼吸することは、なぜダイエットになるのでしょうか?
腹式呼吸をすることで、体の隅々まで、酸素を行き渡らせることができます。血液がよく巡るようになって、栄養分が血液によって運ばれます。
栄養と酸素が隅々の細胞まで届けられて、細胞が活発になります。つまりこれは、代謝率がアップすることになります。代謝が良くなることは、脂肪が燃えやすい体質になると言えます。

腹式呼吸腹式呼吸という呼吸法を、普段の生活の中でぜひ試してみてください。難しく考える必要はありませんが、特に息を吐き出す際に、体の中の汚れた空気を全部「出し切ってしまおう」と意識してください。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム