ニキビのケアにも使える民間薬・アロエ

「医者いらず」と言われているアロエ

アロエは「医者いらず」とも呼ばれており、民間薬としてよく知られています。

アロエ

内服薬としても外用薬としても薬効があり、様々な病気や怪我の治療に用いられています。

内服薬としては、便秘、胃・十二指腸潰瘍に効果があるそうです。
もしも生のアロエで腹痛を起こしてしまう場合は、乾燥させたり加熱したりして使うと良いでしょう。
アロエの有効成分は、熱に強いそうです。なので、煎じたり乾燥させても効果を得られます。

外用薬としては、ニキビ・やけど・切り傷・水虫などに効果があるそうです。
ニキビなどの患部に塗ると、細菌の毒素を中和したり退治したりしてくれます。
これはアロエに含まれるアロエチンという成分に、強い抗菌作用があるからです。細菌感染の予防に役立ちます。

アロエのニキビ薬

アロエを外用薬として使う場合は、主に生葉を利用します。
この時に気をつける点は、アロエを水洗いしてから必ず熱湯をくぐらせて殺菌することです。

例えばニキビに使う場合は、熱湯で消毒したアロエの葉の皮をむいて、患部に汁をこすりつけます。患部が乾いたら、アロエの汁を絞りながら何度も繰り返し塗ります。
あと、アロエを「すりおろした物」を水で2倍から3倍に薄めた液でマッサージすると、「肌荒れ」にも効きます。

しかしアロエが万能薬と言われていて、効き目があるとされていても、特に敏感肌の人は、肌への刺激が気になるでしょう。肌の様子を見ながら、少しずつ試してみましょう。

※自分で行なうニキビ治療に不安がある方は、まずは皮膚科の専門医に診てもらいましょう。