「肌荒れ」の改善を期待できる、ハトムギを使ったニキビ薬

肌荒れ改善を期待できるハトムギ

はと麦ハトムギには「炎症」を鎮めたり、「痛み」を和らげたりする作用のある成分が、含まれています。

そして、「血液を浄化する働き」もあります。血液が綺麗になれば、細胞の新陳代謝が促進されます。よって、「ニキビ・しみ・肌荒れ」を改善する効果を期待できます。

その他の作用としては、イボ取り作用があることもよく知られています。
ハトムギには、強力なタンパク質や分解酵素が含まれています。「皮膚の老廃物や正常でない細胞を排除する働き」がある、とされています。
「イボ取り」のためには、毎日の「ご飯」に殻を取ったハトムギを混ぜて炊いた物を食べると、効果があるとされています。

一般的なハトムギの食べ方は、ご飯に混ぜて食べる、お茶にして飲むという方法があります。飲み物では、ハトムギ茶が有名でしょう。

ハトムギを使ったニキビ薬

ハトムギを使った手作りニキビ薬について、ご紹介したいと思います。
準備する物は、殻を取ったハトムギ250gと、日本酒720ml、密閉できる容器です。

作り方

  1. まずハトムギを水洗いして、「ざる」に上げます。水気を切っておきます。
  2. 密閉容器に、水気を切ったハトムギを入れます。
  3. そして日本酒を入れて、蓋(ふた)をします。
  4. 1週間くらい、冷蔵庫で漬け込みます。
  5. それから、ハトムギをこして取り除きます。

手作りニキビ薬の保存方法ですが、冷蔵庫で保存してください。

使い方

使い方ですが、洗顔後などの肌を清潔にした状態で、コットンに「この手作りニキビ薬」をたっぷりしみ込ませて肌につけます。
入浴後の毛穴が開いている時に、使っても良いです。有効成分がしみ込みやすいので、より効果的でしょう。