書類作成を代行したりする行政書士

士業の資格・行政書士

近年、資格取得が密かなブームになっています。資格を取ることが就職に役立つかもしれないと、多くの人が思っているためかもしれません。
だけど実際のところ、仕事の役に立たない資格もあります。例え難易度が高いものでも、思ったほど会社から評価されないものもあります。就職を意識した場合では、業務で必須の資格を取ると良いです。

私は以前に、仕事に役立つ資格について「ちょっと調べたこと」がありました。その時、簿記や医療事務の資格が仕事や就職に役立ちそうだという印象を持ちました。
そして「これら2つの資格」と同じくらいに、仕事に役立つと思えた資格がありました。それは士業と呼ばれている職業に関する資格です。弁護士司法書士行政書士などが、士業と呼ばれている職業になります。
そう言えば私の近所に、行政書士の事務所があります。私は、まだ行政書士の方の「お世話になったこと」はありません。しかし地元の多くの人たちが、近所の行政書士さんに「お世話になっている」と聞きました。

行政書士だけが出来る業務

例えば業務の中には、行政書士の資格を持つ人だけが出来る業務があります。法律によって、そのように決められています。行政書士の仕事は、誰でも出来るものではありません。よって行政書士の資格を持っていることで、仕事が見つかる可能性があります。

以前に、会社に関する労働問題で悩んでいるなら、行政書士や弁護士に相談してみましょうという呼びかけを聞いたことがありました。行政書士は法律の専門家であり、労働基準法に関する相談が可能だそうです。※ただし、対応できない問題もあるようです。その場合は、弁護士などに対応してもらうことになるでしょう。
違法な残業など労働に関する問題は多数ありそうです。なのでもしかしたら、行政書士が活躍できる場は意外と多いかもしれません。

なお、目先のことだけを考えて資格を取ることは、あまりおすすめできません。将来の職業がまだ決まっていないなら、色んな資格に関心を持ち、取得していくという選択肢もあります。

主な仕事

行政書士の主な仕事は、警察などに提出が必要な書類の作成を代行することや、「手続き」を行なうことです。

行政書士の就職先については、多くの場合では、行政事務所や法律事務所などに勤めることになります。そこに勤めながら「基盤固め」をした後に、独立開業という形になります。
自分で事務所を開きたい場合は、都道府県の行政書士会に申請して登録を受ける必要があります。

行政書士の資格は、一生有効な資格です。なので試験に受かって登録しておけば、いつでも開業できます。
ちなみに企業に就職した場合は、企業内で行政書士としての仕事はできません。

※行政書士に関しては、最新の情報をご確認ください。