メガネのメリット・デメリット

メガネのメリット

眼鏡をかけている女性メガネとコンタクトレンズを比べた場合、メガネのメリットとしては、コンタクトレンズよりも「価格が安いこと」が挙げられます。

そして「レンズの入れ替え」が、簡単にできます。目の屈折の状態は、将来変わってゆく可能性があります。「レンズの度数替え」ができるのは、便利です。

また、掛けたり外したりしやすいです。メガネなら「ちょっとだけ外す」ということが、できます。

メガネのメリットをまとめると、

コンタクトレンズよりも安くて、手入れが簡単であり、目に直接入れることがないので安全、と言えます。

当然ですが、「文字や物の歪み」がなくなる、視力を矯正できるという事もメリットです。乱視の矯正も可能になります。コンタクトレンズを使う前に、いま一度メガネの利用を考えてみましょう。

メガネのデメリット

コンタクトレンズとメガネを比べた場合で、メガネのデメリットは何でしょうか。
外見の問題が、あるかもしれません。メガネ男子などと、メガネ姿が「かっこいい」と思われることもあります。しかし、そう考えない人もいます。

あとはスポーツをする時に、

メガネを掛けていると「激しい動き」をできません。

そして、右と左の目の度数が大きく違う人は、メガネを掛けると真っ直ぐに歩けなかったりします。例えば、右の視力は1.5あるけれど、左の視力は0.06くらいしかない。こんな人は、メガネの使用は難しいです。

また、コンタクトレンズと比較すると、視界が狭いというデメリットもあります。

適切にメガネを使いましょう

コンタクトレンズやメガネには、それぞれに利点があり、また、それぞれに欠点があります。良い点・悪い点を比較して、自分にとって「どちらが使いやすいか?」選ぶことになります。

ただし、コンタクトレンズを装用することになっても、コンタクトを使わない時があると思います。なので、メガネは必要とされます。コンタクトをしている人でも、やはりメガネは必要です。

使い捨てのコンタクトレンズを使っている人の中には、平日ではメガネを使い、休日にはコンタクトレンズを使うという風に、「使い分け」をしている人がいるそうです。これなら、コンタクトレンズに掛かる費用を節約できると思います。

あと、「お手入れ」の手間を考えると、メガネのほうが楽です。メガネの場合は、そんなに「お手入れ」をしなくても大丈夫です。
しかしコンタクトレンズの場合は、「お手入れ」をしないと眼のトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。