メガネのメリット・デメリット

メガネのメリット

眼鏡をかけている女性メガネとコンタクトレンズを比べた場合、メガネのメリットとしては、コンタクトレンズよりも「価格が安いこと」が挙げられます。

そして「レンズの入れ替え」が、簡単にできます。目の屈折の状態は、将来変わってゆく可能性があります。「レンズの度数替え」ができるのは、便利です。

また、掛けたり外したりしやすいです。メガネなら「ちょっとだけ外す」ということが、できます。

メガネのメリットをまとめると、

コンタクトレンズよりも安くて、手入れが簡単であり、目に直接入れることがないので安全、と言えます。

当然ですが、「文字や物の歪み」がなくなる、視力を矯正できるという事もメリットです。乱視の矯正も可能になります。コンタクトレンズを使う前に、いま一度メガネの利用を考えてみましょう。

ファッションアイテムで使えること

メガネについては、視力矯正という目的以外でも使われたりしています。例えば、ファッション目的で使われたりしています。
メガネの使用が煩わしいのは確かなことですが、そんな「めんどくさいメガネ」をファッションアイテムとして、あえて利用している方が増えているようです。おしゃれアイテムの一つとして度が入っていないメガネを、着ている洋服とコーディネイトして楽しんでる方もいます。

メガネに関する「おしゃれポイント」と言えば、やはりフレームだと思います。実際に、メガネのフレームにこだわりを持っている方は多い、と聞きます。ブランド物のメガネのフレームもあって、デザインやカラーの種類は豊富です。フレームの中にはハートが飾られている物もあるそうで、おしゃれにうるさい女性の方でも満足して使えるでしょう。
フレームカラーとして、例えばブラックとレッドのツートンの物もあります。個性的なデザインの物も見られるので、興味があったらファッショナブルなメガネフレームを使ってみましょう。

なお、メガネフレームのおしゃれなら、度付きメガネでもできます。視力矯正とファッションという両方の目的を満足できるメガネもある、と言えます。

メガネのデメリット

コンタクトレンズとメガネを比べた場合で、メガネのデメリットは何でしょうか。
外見の問題が、あるかもしれません。メガネ男子などと、メガネ姿が「かっこいい」と思われることもあります。しかし、そう考えない人もいます。

あとはスポーツをする時に、

メガネを掛けていると「激しい動き」をできません。

そして、右と左の目の度数が大きく違う人は、メガネを掛けると真っ直ぐに歩けなかったりします。例えば、右の視力は1.5あるけれど、左の視力は0.06くらいしかない。こんな人は、メガネの使用は難しいです。

また、コンタクトレンズと比較すると、視界が狭いというデメリットもあります。

疲れ目になるメガネ

現在では、メガネはファッションアイテムとしても注目されています。ですが本来は、近視や遠視、乱視や老眼などを矯正してくれる物です。

自分に合ったメガネなら、目にあまり負担を掛けずに焦点を合わせてくれます。なので、それほど目は疲れないと思います。しかしメガネの度数が自分の視力と合っていない場合、目が無理をして焦点を合わせようとします。よって、疲れ目となってしまいます。メガネを掛けていて「いつも目が疲れる」という人は、メガネが合っていない可能性があります。

例えば度数の強いメガネは、目が疲れたり、気持ち悪くなったりすることがあります。レンズが厚いためです。レンズが厚いとレンズの周辺で像に「歪み」が生じて、目が疲れやすいです。
また、左右の視力に差がある人の場合、メガネを掛けて視力を矯正しても疲れ目になることがあります。この場合、強い度数を弱い度数にして、左右の度数の差を少なくしてください。そうすると目が疲れにくくなるようです。
医師やメガネ店に相談して、疲れ目になりにくいメガネを作りましょう。そして定期的に眼科を受診して、メガネの調整をしましょう。

適切にメガネを使いましょう

コンタクトレンズやメガネには、それぞれに利点があり、また、それぞれに欠点があります。良い点・悪い点を比較して、自分にとって「どちらが使いやすいか?」選ぶことになります。
ただし、コンタクトレンズを装用することになっても、コンタクトを使わない時があると思います。なので、メガネは必要とされます。コンタクトをしている人でも、やはりメガネは必要です。

使い捨てのコンタクトレンズを使っている人の中には、平日ではメガネを使い、休日にはコンタクトレンズを使うという風に、「使い分け」をしている人がいるそうです。これなら、コンタクトレンズに掛かる費用を節約できると思います。

あと、「お手入れ」の手間を考えると、メガネのほうが楽です。メガネの場合は、そんなに「お手入れ」をしなくても大丈夫です。しかしコンタクトレンズの場合は、「お手入れ」をしないと眼のトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました