レーシックの手術後、目の事を第一にして行動しましょう

レーシック手術後の過ごし方

レーシック手術の後は、どういった点に注意しながら過ごすと良いか、参考までにいくつか、お話したいと思います。
レーシックにしようか視力回復トレーニングにしようか迷っている人は、それらを参考にして決めていただけたらと思います。

目の安静

慎重な女性

目を大事にしつつ行動しよう

レーシック手術後は、慎重に行動するようにしたほうが良いです。
保護メガネを装着するなどして、なるべく目に刺激や衝撃を与えないようにガードしておきましょう。

なぜなら、手術で角膜に作ったフラップをレーザー照射後に元に戻しても、それが完全に装着したとは言えないからです。
顔に衝撃を与えたりすると、フラップが「ずれる可能性」もあります。十分に注意して過ごしてください。

スポーツを控える事

メガネやコンタクトの「わずらわしさ」から解放されたいので、レーシック手術を受けたというスポーツ選手は多数います。
しかし手術後では、人や物に接触することの多いスポーツを、しばらく控えたほうが良いです(レスリング・サッカー・バスケット・ラグビーなど)。

ホコリのない場所

デスクワークなどの仕事は、翌日から働けます。ですが、チリやホコリが多い場所での仕事は、しばらく注意しましょう。

配慮が必要な手術後の過ごし方

注意すべき点を、いくつか挙げてみました。これら以外にもレーシックの手術後では、注意すべき事がたくさんあります。
短期間で回復しますが、回復するまでは面倒な事が多くて、なかなか100%安心できません。

レーシックは、多くの外科手術の中でも最も安全な手術です。
手術当日は、通常通り食事を取ってから手術を受けられて、手術後も何も問題がなければそのまま帰宅できます。そして、入浴もできます。
しかしレーシックは視力回復のトレーニングと違って、手術後の過ごし方が肝心です

面倒に思う人や、どうしても穏やかに過ごせない生活環境にいる人は、規則正しい生活を送るだけで良いという視力回復トレーニングを「おすすめ」します。
一生を共にする大切な目のことなので、焦らず「ゆっくりと回復を試みること」も、検討しましょう。

手術後の定期検診

例えば視力回復トレーニングの場合、視力が回復した後も引き続きトレーニングする必要があります。しかし視力回復前に行なっていたトレーニングほど力を入れて、訓練する必要はありません。

しかしレーシックの場合は、手術後の定期検診が重要です。これは絶対に受ける必要があります。もしも検診しない場合は、取り返しのつかない事になる可能性があります。注意しておきましょう。

手術の翌日

手術の翌日の検査は、とても大切です。もしも遠くから来た人は、医療機関の近辺のホテルを予約したほうが良いでしょう。
「そこまでする必要があるの?」などと思うかもしれません。ですが出来るだけ、体に負担を掛けないようにしたほうが良いからです。

その後の定期検診

定期検診を受けるペースは手術の翌日、1週間後・1ヶ月後・3ヶ月後と、こまめに設定されたりします。いつどんな症状が起こるか?わからないので、必ず検診を受けましょう。

視力が安定するのは1ヶ月後

視力が落ち着いてくるのは、1ヶ月後以降です。なお、回復するまでの期間には、個人差があります。
この期間に、ドライアイやハロという何らかの後遺症が出てくる場合があります。なので、レーシックを受けたからといって、油断はできません。

視力が落ち着くまでは、気持ち的にもドキドキして落ち着かない日々が続くでしょう。
それが逆にストレスになってしまうと心配な方は、視力回復のトレーニングを選んだほうが良いかもしれません。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム