部屋の中の花粉症対策に使える空気清浄機

部屋の中の花粉対策

花粉症

花粉飛散時期に入る前の時点で、家の中を大掃除したり、カーペットを取り除いてフローリングにしたりしましょう。

あと、花粉飛散の時期や量に関する予測情報を知っておくことも、対策する上で大切です。

窓から入って来る花粉が気になるなら、窓を開けてもカーテンを閉め切っておくと良いです。カーテンが家の中に入ってくる花粉を、ある程度防いでくれると思います。

花粉の時期は、「窓を開けないほうがいいかも?」と思うかもしれません。ですが部屋の換気をしないと、カビやダニが発生してしまう原因にもなります。なので、窓を開けて換気しましょう。

花粉の掃除に普通の掃除機を使う場合ですが、排気の際に花粉塵を室内に放出してしまいます。なので掃除機の本体をベランダに出して使うなどすると、良いでしょう。
または、排気をカットできる高性能な掃除機を使うと良いです。

花粉症対策に使える空気清浄機

空気清浄機とは、空気中の目に見えない粒子やニオイを除去する空調の家電製品です。以前では、タバコやペットのニオイを取り除くための家電でした。
しかし最近では、花粉症やアレルギー症状を対策する目的で、一般家庭の部屋で利用されることが多くなってきました。

花粉症の季節では、どんなに部屋を閉め切っても、人の出入りなどで花粉が侵入してしまいます。

部屋の中に入ってしまった花粉を取り除く方法として、空気清浄機を利用することは良い方法です。

もしもすでに空気清浄機を持っているなら、花粉飛散時期に入る前に使う準備をしておきましょう。

例えば、窓から室内に入ってきた花粉を除去したい場合に、空気清浄機は役立ちます。花粉の除去を始め、室内の空気を常に清潔に保ちたい場合、普段から空気清浄機を使用することは効果的と言えます。

フィルター付き

空気清浄機を使えば、花粉やダニ、ホコリやニオイを取り除ける可能性があります。フィルターを通して空気中の花粉などを取り除く機能を持っている物、チリやホコリをイオン化して捕集する機能を持っている物などが、あるからです。

花粉症対策を目的として空気清浄機を選ぶ場合は、「フィルター付き」であることが重要です。「フィルターの大きさ」については、「花粉の大きさ」よりも細かい目のフィルターである必要があります。

広い適応面積

適応面積が広い空気清浄機のほうが、部屋の空気を循環させて多くの花粉を吸収します。
なので、自分の部屋の「2倍から3倍の広さ」に対応できる空気清浄機を選ぶと、より効果的です。

効果的な設置場所

また、空気清浄機を最大限に活用するためには設置する場所も重要です。置き場所によっては、その効果が発揮されないことがあるからです。

主に花粉を吸収させたい場合は、床に近い所に置きます。そして人に気流が直接当たらず、運転音が気にならない位置、またはエアコンの気流が直接当たらない位置であることも大切です。

花粉症対策として空気清浄機を、ぜひ活用しましょう。

家電
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム