部屋の中の花粉症対策に使える空気清浄機

部屋の中の花粉対策

花粉症

花粉の時期になると、普段以上に掃除をしっかりする必要がある。そう思いつつも実際のところ、なかなか「やる気」が起きません。窓を閉め切っている事が多いから、そんなに掃除をしなくても大丈夫だと思っている方もいるでしょう。

でも一番いいのは、やはり掃除をしっかりすることです。花粉は、とても小さな物です。なので、ちょっとした隙間から、家の中に入り込んできます。

花粉飛散時期に入る前の時点で、家の中を大掃除したり、カーペットを取り除いてフローリングにしたりしましょう。
あと、花粉飛散の時期や量に関する予測情報を知っておくことも、対策する上で大切です。

床掃除

花粉が飛び交う時期では、フローリングの床を毎日、水で湿らせた雑巾で拭くようにします。
カーペットの場合は、フローリングよりも花粉が「くっつきやすい」です。なので念入りに、掃除機をかけましょう
花粉の掃除に普通の掃除機を使う場合では、排気の際に花粉塵を室内に放出してしまいます。なので掃除機の本体をベランダに出して使うなどすると、良いでしょう。または、排気をカットできる高性能な掃除機を使うと良いです。

窓から入って来る花粉が気になるなら、窓を開けてもカーテンを閉め切っておくと良いです。カーテンが家の中に入ってくる花粉を、ある程度防いでくれると思います。
花粉の時期は、「窓を開けないほうがいいかも?」と思うかもしれません。ですが部屋の換気をしないと、カビやダニが発生してしまう原因にもなります。なので、窓を開けて換気しましょう。

花粉症対策に使える、便利な家電製品

最近では、花粉症対策に使える様々な家電製品が登場しています。
年々性能も向上しており、新しい機能が追加されて、ますます便利になっています。

空気清浄機

一番に思いつく家電は、空気清浄機でしょう。これは室内の花粉などを、空気から除去する物です。窓を開けられない花粉飛散時期でも、室内の空気を清潔に保てます。

加湿器

湿度をコントロールできる加湿器は、花粉症対策でも使えます。空気の乾燥は、花粉症の症状を悪化させるからです。
潤った室内では花粉が舞い上がりにくくなり、掃除もしやすくなります。

空間清浄機

なお、始めから部屋の空間全体を清潔にしたい場合は、例えば空間清浄機(くうかん せいじょうき)という家電製品を使う、と良いでしょう。

最近では、持ち運びできるコンパクトサイズの空間清浄機もあります。コンパクトなので玄関先に置いたり、机の上に置いたりできます。ちょっとしたスペースがあれば、置ける大きさとなっています。

空間清浄機は、水がこぼれないように作られています。なので、うっかり倒してしまっても水は出てきません。心配せず使用できると思います。

掃除機

掃除するための掃除機は、花粉症対策にも欠かせない家電です。布団やカーペット、カーテンなどに付着した花粉を、掃除機で取り除けるからです。
掃除機を使って床掃除する際は、一度「拭き掃除」をしてから掃除機を使うようにしましょう。そうすれば、床のホコリが舞い上がる事を防げます。
なお、いったんホコリが舞い上がっても、その後しばらくしたら再び落ちてくるでしょう。家具や家電の色が黒色だと、降り積もったホコリが結構目立ちます。黒っぽい家具や家電を使っている人は、頻繁にホコリを拭き取る掃除をすることになるでしょう。

ちなみに昔の掃除機には、吸い込んだ花粉やホコリを排気とともに室内へ出してしまうという難点がありました。しかし近年開発された掃除機の中には、排気が出ないタイプや空気を浄化する機能が付いている物があります。
また、普通の掃除機に取り付けられる花粉専用のアタッチメントや、延長ホースもあります。延長ホースは、掃除機本体をベランダに置いて利用できるようにする物です。掃除機本体からの排気を、室内に出さないために利用します。

花粉症対策に使える空気清浄機

空気清浄

空気がきれいなイメージ画像

空気清浄機とは、空気中の目に見えない粒子やニオイを除去する空調の家電製品です。以前では、タバコやペットのニオイを取り除くための家電でした。
しかし最近では、花粉症やアレルギー症状を対策する目的で、一般家庭の部屋で利用されることが多くなってきました。

花粉症の季節では、どんなに部屋を閉め切っても、人の出入りなどで花粉が侵入してしまいます。

部屋の中に入ってしまった花粉を取り除く方法として、空気清浄機を利用することは良い方法です。

もしもすでに空気清浄機を持っているなら、花粉飛散時期に入る前に使う準備をしておきましょう。

例えば、窓から室内に入ってきた花粉を除去したい場合に、空気清浄機は役立ちます。花粉の除去を始め、室内の空気を常に清潔に保ちたい場合、普段から空気清浄機を使用することは効果的と言えます。

フィルター付き

空気清浄機を使えば、花粉やダニ、ホコリやニオイを取り除ける可能性があります。フィルターを通して空気中の花粉などを取り除く機能を持っている物、チリやホコリをイオン化して捕集する機能を持っている物などが、あるからです。

花粉症対策を目的として空気清浄機を選ぶ場合は、「フィルター付き」であることが重要です。「フィルターの大きさ」については、「花粉の大きさ」よりも細かい目のフィルターである必要があります。

広い適応面積

適応面積が広い空気清浄機のほうが、部屋の空気を循環させて多くの花粉を吸収します。
なので、自分の部屋の「2倍から3倍の広さ」に対応できる空気清浄機を選ぶと、より効果的です。

効果的な設置場所

また、空気清浄機を最大限に活用するためには設置する場所も重要です。置き場所によっては、その効果が発揮されないことがあるからです。

主に花粉を吸収させたい場合は、床に近い所に置きます。そして人に気流が直接当たらず、運転音が気にならない位置、またはエアコンの気流が直接当たらない位置であることも大切です。

花粉症対策として空気清浄機を、ぜひ活用しましょう。

家電
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム