ウイルスや花粉を除去する空気清浄機

空気清浄機空気清浄機を使うと、空気中に浮遊しているダニの死骸などの物質、浮遊しているウイルスなどを除去できます
また、部屋に染みついている煙草のニオイを脱臭してくれる物もあります。衣類についた汗のニオイも、除去してくれるそうです。

部屋の窓に付いているカビ菌を除去してくれる機能が付いている物もあり、梅雨時期などに、この除菌機能は活躍してくれるでしょう。
梅雨の時期は、部屋の空気がじめじめしています。気持ちの悪い、むわーとした空気になっています。毎日シャワーをしないと、過ごしていられないです。実は部屋も同じ、と言えます。部屋は、人間みたいにシャワーを浴びることはできません。ですが、何らかの方法で部屋も清潔にしたいです。その方法の一つに、空気清浄機を使う方法があると言えます。

空気清浄機の中には、部屋の空気が汚れているか、湿度がどれくらいかについて、知らせるモニターが付いている物があります。汚れ度合いを数字でモニターできたら、空気が綺麗になっていく様子を目で確認できます。

ウイルスを除去できる空気清浄機

空気清浄

空気が綺麗なイメージ画像

空気清浄機は、花粉症などのアレルギー対策に効果を期待できる家電と言えます。そして空気清浄機の中には、細菌やウイルスを取り除くという物も登場しています。

以前、ニュースで大きく取り上げられた新型インフルエンザ対策として、空気清浄機を設置するという対策があります。今では、空気中のウイルスを死滅させるという機能を備えた物も、数多く登場しています。
例えば、プラズマ放電によるイオン放出で、カビ菌やウイルスを分解して除去する物があります。
または、集塵・除菌脱臭フィルターによって、カビやウイルスの活動を抑制できる物もあります。このフィルターにより浮遊菌を除去して、同時に除菌加湿フィルターによって浮遊菌の繁殖を抑制します。
このような優れたフィルター機能が付いている空気清浄機なら、空気中の「汚れ」や「細菌」を綺麗に除去できます。

そして、抗インフルエンザ専用のフィルターが付いている空気清浄機なら、インフルエンザ対策もできることになります。一つの例としては、天然成分のイチョウのエキスなどを使って、インフルエンザ・ウイルスを除去する物があります。
インフルエンザ抗体を塗ったフィルターを使えば、ヒト・インフルエンザ、鳥インフルエンザ、レジオネラ菌というウイルスを99%除去できる、と言われています。

空気清浄機と言えば、空気中のホコリを掃除するだけというイメージだったかもしれません。しかし、ウイルスを取り除く機能がある空気清浄機なら、病気の予防対策に利用できるでしょう。自宅やオフィスなどに、インフルエンザ対策に役立つ空気清浄機の設置を、ぜひ検討してください。

ただし、それぞれの空気清浄機においては、性能の差がかなり見られるという指摘もあります。いくら優良な空気清浄機といっても、100%ウイルスを駆除できるとは言えません。そして空気清浄機を使ったからといって、インフルエンザの病気にかからないとも言えません。高機能な空気清浄機を健康用品として頼りにしたいですが、過信は禁物と言えるでしょう。

花粉症対策に使える空気清浄機

空気清浄機とは、空気中の目に見えない粒子やニオイを除去する空調の家電製品です。以前では、タバコやペットのニオイを取り除くための家電でした。
しかし近年では、花粉症やアレルギー症状を対策する目的で、一般家庭の部屋で利用されることが多くなってきました。

花粉症の季節では、どんなに部屋を閉め切っても、人の出入りなどで花粉が侵入してきます。

部屋の中に入ってしまった花粉を取り除く方法として、空気清浄機を利用することは良い方法です。

もしもすでに空気清浄機を持っているなら、花粉飛散時期に入る前に使う準備をしておきましょう。空気清浄機は、花粉の除去に効果的と言えるからです。

フィルター付き

空気清浄機を使えば、花粉やダニ、ホコリやニオイを取り除ける可能性があります。フィルターを通して空気中の花粉などを取り除く機能を持っている物、チリやホコリをイオン化して捕集する機能を持っている物などが、あるからです。

花粉症対策を目的として空気清浄機を選ぶ場合は、「フィルター付き」であることが重要です。「フィルターの大きさ」については、「花粉の大きさ」よりも細かい目のフィルターである必要があります。

フィルターの交換については、交換のタイミングが長いほうが手間がかからないと言えます。ランニングコストもかからないと言えます。
なお、各メーカーよって、フィルター交換のタイミングは違うと思います。気になるなら、空気清浄機を購入する前に調べておきましょう。

広い適用床面積

空気清浄機を選ぶ際、目安の一つに適用床面積の数値があります。この数値が大きいほど、室内の空気を清浄するスピードが速いと言えます。
つまり適用床面積が広い空気清浄機のほうが、部屋の空気を循環させて多くの花粉を吸収します。
なので、自分の部屋の「2倍から3倍の広さ」に対応できる空気清浄機を選ぶと、より効果的です。

効果的な設置場所

また、空気清浄機を最大限に活用するためには設置する場所も重要です。置き場所によっては、その効果が発揮されないことがあるからです。
主に花粉を吸収させたい場合は、床に近い所に置きます。そして人に気流が直接当たらず、運転音が気にならない位置、またはエアコンの気流が直接当たらない位置であることも大切です。

花粉症対策として空気清浄機を、ぜひ活用してください。

マイナスイオンを活用している空気清浄機

マイナスイオンは、「人の精神を安らかにしてくれる」と言われています。そんなマイナスイオンは、家電の空気清浄機でも活用されています。その名称からわかるように、

部屋の空気を清浄にしてくれます。

空気を清潔にすることに加えて、「気持ち」を落ち着かせてくれるなんて、とても素晴らしい家電だと思います。

ちなみに空気清浄機のタイプは、「イオン式」と「ファン式」に分けられます。

「イオン式」と呼ばれている物では、空気中にイオンを放電して、空気中にある「汚れ」に帯電させます。そして、その「汚れ」を空気清浄機の電極に引き寄せて、「空気中の汚れ」を排除するという仕組みになります。

参考に「ファン式」と呼ばれている物について言うと、本体にファンが内蔵されている物です。ファンから空気を取り込み、フィルターで「汚れ」を排除して清潔にするという仕組みです。

聞き心地が良いマイナスイオン

清々しい新緑

マイナスイオンのイメージ画像

健康機器に関する話題において、イオンと言ったらマイナスイオンの事を意味していた時期がありました。一時的な流行で終わらずに、定着してきた感じさえします。

ところで、このマイナスイオンという言葉は、科学で使われている用語ではありません。科学用語で言うと、陰イオンと言われる物です。
実は英語でもなくて、和製英語です。最初に誰が言ったのか不明ですが、マイナスイオンとは上手に言ったものです。商売的には「うまい言い方だった」と言えます。

商品を宣伝する上では、陰イオンと言うよりもマイナスイオンと言ったほうがウケがいいと思いました。ただしマイナスイオンを一押しする商品には、少なからず「怪しい感じ」も漂います。なので商品を買う際は、ちょっと気をつけましょう。

イオンについて

イオンについて大まかに言うと、正の電気を持った原子を陽イオン、負の電気を持った原子を陰イオンと言います。厳密な事は、科学関係の書籍やWEBサイトを参考にしてほしいのですが、大ざっぱに言うと「そんな感じ」です。

新鮮な空気で元気になりましょう

空気から「さわやかさ」を感じる時は、いつでしょうか。個人差があると思いますが、私は寒い冬、特に2月あたりの空気に「さわやかさ」を感じます。「空気そのもの」が凍ってしまうような「冷たさ」の時に、空気に清潔感を感じます。2月の晴れた日では、青空も澄み渡っていると思います。
もしかしたら夏のほうが空気が澄み渡っている、と思う方がいるかもしれません。確かに、そうかもしれません。ですが個人的には、ひんやりと冷たい空気のほうが清潔感や清涼感を感じます。

日常生活ではあんまり空気について、あれこれと感想を持つ事はないと思います。だけど空気は、体にも心にとっても大切な物です。
元気がない時は、部屋の窓を全開にして換気してみましょう。新鮮な空気により、元気を取り戻せるかもしれません。

実は開運アイテムだった、空気清浄機

ちなみに空気清浄機は、運気アップで有名な風水においても開運アイテムとされています。
風水では気の交換、つまり換気することが重要視されているからです。部屋の空気を清潔な空気に入れ替える空気清浄機は、まさに風水的ラッキーアイテムと言えるでしょう。

ちなみに風水的に良い色は、白色です。ちょっと風水を意識するなら、本体の色が白色の物を選びましょう。



タイトルとURLをコピーしました