記念写真を使ったアルバム絵本

家族旅行の時などを始め、子供さんの写真を撮る機会はたくさんあります。しかし家で保存する時には、スマートフォンやパソコンの中にデジタル写真をそのまま保存した状態、つまり現像しないという人がほとんどでしょう。写真を撮るだけで、その後は何もしない(アルバムに、現像した写真を保管しない)という事が多い、と思います。

写真アルバム

写真アルバムのイメージ画像

だけど近年、デジタル写真を使って、記念のアルバム絵本を作る事が注目されています。子供の写真を記念に残るアルバムにしてくれる、というサービスがあるそうです。
絵本アルバムの中で人気がある物は、子供の成長記録になる絵本のアルバムです。自分の好きなストーリーを選び、お気に入りの写真を「お店」に送ります。これで、絵本アルバムの注文が完了です。

絵本の中には、子供が生まれた時の体重や身長を始め、名前の由来や両親からのメッセージを入れたりできます。そんな絵本なら親はもちろんのこと、子供さん自身にとっても、宝物と言える絵本になります。子供の時だけでなくて大人になった時でも、親からもらうと嬉しいプレゼントになります。

なお絵本アルバムは、プレゼント品としても喜ばれています。知人・友人の子供さんの絵本アルバムを作って、プレゼントしてみましょう。きっと喜ばれると思います。

文字を読む「きっかけ」にもなる絵本

近年「子供たちの活字離れ」が進んでいる、と言われています。「活字離れ」の原因の一つは、子供たちが文字に接する機会が少ないことのようです。
子供が幼い時は、「親子の触れ合い」が大切です。子供と触れ合う際、一緒に文字に触れさせてみてください。

だけど最初から文字というのは、子供が抵抗を感じるかもしれません。そんな時は、まずは絵本から読んでみましょう。先程の記念写真があるアルバム絵本を、子供さんに見せるのも良いです。
絵本の物語は、子供の世界を広げます。そして親子で同じ世界を共有できます。

インテリアにもなる絵本

子供が生まれると、子供のための絵本がどんどん増えてゆくでしょう。絵本は、親と子供とのコミュニケーション手段であり、子供の想像力を育ててくれる物です。
そんな絵本は、子供部屋では素敵なインテリアになったりします。色んな絵本を取り揃えて、子供部屋の素敵なインテリアにしてみましょう。

なお絵本については、取り出しやすい位置に並べておきます。すぐ読めるように収納してください。子供が小さい時は、下の位置に絵本を並べておきます。そうすれば、絵本が上から落下することを防げます。

贈り物
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム