多くの人々を悩ませるアレルギー性疾患

悩んでいる人が多いアレルギー性疾患

アレルギー体質の女性最近アレルギーという言葉を、よく耳にします。近年では国民の約30%が、何らかのアレルギー性疾患に悩んでいる、と言われています。

アレルギーとは、人体の過剰な免疫反応のことを言います。
その原因は、多種多様です。その症状には、アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・ぜんそく・花粉症・食物アレルギー・金属アレルギーなどが、あります。

アレルギーを引き起こす物質(アレルゲン・抗原)が作用している症状には、花粉症や食物アレルギー、金属アレルギーなどの症状があります。
アレルギーを引き起こす物質としては、花粉・カビ・食材・ダニ・ペットなどが挙げられます。

遺伝的要素を多く含む症状としては、「アトピー性皮膚炎」や「気管支(小児)ぜんそく」があります。

日常生活で困る場合あります

よくアレルギー性○○と言われますが、ここで言っているアレルギーとは、どんな状態のことを言うのでしょうか。
詳しくは専門医に問い合わせていただきたいのですが、簡単に言うと、生体防御の反応が過剰になった状態と言えるでしょう。具体的には、体内に入ってきた花粉に対して、花粉は体に悪い物と過剰に反応して、「くしゃみ」や「鼻水」が止まらないような状態です。

体にとって異物である物をアレルゲンと言います。私たちの体は、そのアレルゲンに対抗する抗体という物を持っています。抗体によってアレルゲンを排除して、健康を維持しようとします。

このアレルゲンの排除は、適度な反応なら良いです。ですが、度を超えて反応してしまう場合があります。

このような過剰な反応は、時には日常生活に不都合を与えます。

自然に治る事もあるようです

あと不思議なことに、過剰なアレルギー反応が歳を重ねていくうちに自然に治ってしまう事例もあるそうです。例えば乳幼児期に発症したアトピーが、12歳から15歳ごろには完治してしまった、という人もいるそうです。

ですがそうではなくて、成人しても全く改善されず、ツラい症状のままという人もいるそうです。