日常生活を不都合にするアレルギー症状

よくアレルギー性○○と言われますが、ここで言っているアレルギーとは、どんな状態のことを言うのでしょうか。
詳しくは専門医に問い合わせていただきたいのですが、簡単に言うと、生体防御の反応が過剰になった状態と言えるでしょう。具体的には、体内に入ってきた花粉に対して、花粉は体に悪い物と過剰に反応して、「くしゃみ」や「鼻水」が止まらないような状態です。

体にとって異物である物をアレルゲンと言います。私たちの体は、そのアレルゲンに対抗する抗体という物を持っています。抗体によってアレルゲンを排除して、健康を維持しようとします。

このアレルゲンの排除は、適度な反応なら良いです。ですが、度を超えて反応してしまう場合があります。

このような過剰な反応は、時には日常生活に不都合を与えます。

例えば毎年花粉症の季節になると、多くの方が「その症状」に悩まされます。花粉症対策のマスクやメガネまたは薬を飲むことで、なんとか花粉症の症状を軽減させている、そんな人も多いでしょう。

以下に、日常生活を不都合にする「花粉症」と「食品アレルギー」について、お話ししたいと思います。

花粉症

「今年初めて花粉症になってしまった」

 
アレルギーで花粉症

残念なことに、最近花粉症デビューをした方もいるでしょう。
花粉症になる可能性は多くの人にあると言っても、言い過ぎではありません。ある日突然「目のかゆみ」や「くしゃみ・鼻水」に悩まされる日が、やって来るかもしれないのです。

花粉症という名称からも想像できる通り、アレルゲン(抗原)が花粉だから、そのような名称となっています。なので花粉症対策において、自身のアレルゲンである花粉の種類を知っておくと、症状の軽減に役立ちます。

アレルゲンの花粉として代表的な物は、杉の花粉です。その他にはヒノキやイネ、ヨモギやブタクサなどもあります。

花粉症の方は、もしも可能なら自分のアレルゲンである花粉が飛んでこない場所に逃げる、と良いでしょう。ですが実生活では、花粉症だからといって引っ越しする訳にはいきません。なので花粉が飛んで来る前に薬を服用するなどして、花粉症に備えることになるでしょう。

アレルギー反応

花粉症になると「くしゃみ」や「鼻水・鼻づまり」という症状が出ます。これらは、アレルギー反応と呼ばれる症状です。人の体に元々備わっている免疫反応が、このアレルギー反応を引き起こす「きっかけ」になっているそうです。

花粉という、人の体にとって異物な物が体内に侵入してくると、体はそれから人体を守ろうとします。その体を守ろうとする防御反応には、個人差があります。人によっては過剰に反応してしまう場合があるそうです。

人体の防御反応が過剰になると、その人の日常生活を邪魔するほどのアレルギー反応となります。
このアレルギー反応の「起こしやすさ」は、体質と関係があると言われています。例えば家族の中に何らかのアレルギー疾患を持っている人がいると、自身もアレルギー体質であることが多いという指摘があります。
一般的にアレルギー体質は、遺伝的な要素が大きいと言われています。

食品アレルギー

アレルギー症状を引き起こしてしまう食品があります。よく言われている食べ物として、「卵」や「牛乳」、「そば」や「小麦」があります。
食品アレルギーは、命に関わる症状を引き起こす場合もあります。ご本人や周りの方が、十分に注意する必要があります。

また、食材自身ではなくて食材が含んでいる脂肪が、アレルギー症状を引き起こす場合もあるそうです。現代では、揚げ物が食事によく出てきます。その揚げ物の中にある脂肪が、アレルギーを引き起こしてしまう可能性も考えられます。

例えば肉類に含まれているアラキドン酸は、アレルギー症状を引き起こす脂肪酸と言われています。このアラキドン酸は、「コーン油」や「ひまわり油」などのリノール酸が体の中に入った際、合成されるそうです。

自然に治る事もあるようです

あと不思議なことに、過剰なアレルギー反応が歳を重ねていくうちに自然に治ってしまう事例もあるそうです。例えば乳幼児期に発症したアトピーが、12歳から15歳ごろには完治してしまった、という人もいるそうです。

ですがそうではなくて、成人しても全く改善されず、ツラい症状のままという人もいるそうです。



タイトルとURLをコピーしました