薄毛の兆候が見つかったら、薄毛予防の手当を始めましょう

すぐにやったほうが良い「薄毛予防の手当」

薄毛になってしまってから育毛を始めても、なかなか改善させるのは難しいようです。薄毛の兆候が現れたら、すぐに対処するほうが育毛の効果を期待できます。

育毛にかかる費用についても、薄毛の対策よりも予防として行なうほうが安く済みます。もしかして髪の毛が薄くなったかも?薄毛の前触れかも?と思ったら、すぐに「予防の手当」を行ないましょう。例えば栄養バランスの良い食事を取るしっかりと睡眠する育毛剤を使うなどしてください。どうしたら良いか?わからない場合は、毛髪の専門医に相談してください。

薄毛の兆候

髪を確認する男性ところで薄毛の兆候には、どんな症状があるでしょうか?
以下に参考として、チェック項目を書きます。当てはまる項目が多いほど薄毛の可能性が高い、と言えます。

  • 髪の毛が、傷みやすくなってきた。
  • 髪の毛の成長が、遅くなってきた。
  • 髪の毛の生え際が、伸びにくくなってきた。
  • 髪の毛が、柔らかくなってきた。
  • 朝起きた時、「寝ぐせ」がつかなくなってきた。
  • パーマなどをしていないのに、髪に「くせ」が出てきた。
  • 黒色の毛だったのに、色が薄く茶色っぽくなってきた。
  • 頭がかゆい。
  • フケ症になった。

髪を傷つけないようにしましょう

髪の毛は、肌の角質層が変化して構成された物です。爪と同じようにできている、と言って良いでしょう。
しかし肌は生きている細胞ですが、髪の毛は死んだ細胞です。よって髪の毛を切っても、痛くありません。痛くないため、ドライヤーやカラーリング、パーマなどで負担をかけてしまいがちです。

髪の毛には、自己修正機能がありません。なので一度髪に負担をかけて傷つけてしまうと、自然に治癒することはありません。もしも負担をかけて傷つけてしまったら、その後ダメージをケアすることが必要です。

傷んだ髪をケアすることは大切です。だけど出来るなら、髪の毛を傷つけないようにしましょう
髪の毛を出来る限り傷つけない、そして栄養の補給を心掛ける。こうすることが、健康で丈夫な髪の毛を育てるのに大事と言えます。