一時的な脱毛症・円形脱毛症

人間の髪の毛は色々な原因によって、抜けたり薄くなったりします。進行していくタイプの脱毛症には、加齢による薄毛や脱毛、男性型脱毛症があります。体の中で起きている変化により、時間の経過とともに進行していく脱毛症と言えます。

円形脱毛症一時的なタイプの脱毛症には、頭皮のトラブルや体調不良、薬物トラブル、病気、過剰なストレスなどの影響による症状があります。頭部に「10円玉くらいの大きさ」の脱毛が見られる円形脱毛症も、一時的なタイプと言えます。

円形脱毛症とは、突然頭部に円形の脱毛が発生する症状です。症状としては、前ぶれはありません。男女年齢に関係なくて、誰にでも発症する可能性があります。頭部の全体や体全身の毛が抜けてしまう事もあります。

円形脱毛症の原因については、ストレスと言われています。しかし他にも、原因があるようです。近年では、免疫機能の異常(自己免疫疾患の一つ)が原因で発症するのではないかと、指摘されています。
なお、過度のストレスは体にかかる負担が大きいです。もちろん、髪の毛にとっても良くありません。

解消法の一つ・かつら

円形脱毛症で「お困りの方」の中で、それを解消するために「部分かつら」を使用している方がいます。
この点に関して、「部分かつら」を使うよりも「全かつら」を使うほうが良い、という指摘があります。なぜかと言うと、円形脱毛症は脱毛部分が広がったり、別の箇所に広がったりする場合があるからです。
もしも後から脱毛部分が増えてしまった場合、最初に用意した「部分かつら」では対処できません。よって初めから、「全かつら」を装着しておくほうが良いとなります。