高校受験で重要な内申書

内申書内申書とは、学校生活におけるその生徒の活動や実績、そして担任の印象などが記された書類です。高校受験において、とても重要な意味を持ちます。

高校受験では当然学力も見ますが、大学受験と比較して、その生徒の人となりであったり、テスト以外での学校への貢献・熱意・積極性などを重視します。そのため内申書は、とても大きな意味を持ちます

内申書の中身

具体的に内申書には、どのような事が記載されているのでしょうか。例えば
「各必修教科および選択教科の評価」「特別活動の記録」
「出欠記録」「総合所見」
などが書かれています。

当然、各教科の評価は、テストの点数が重視されます。しっかりした勉強方法を確立して、その勉強方法に沿って学習することは、テストだけでなくて内申書にも大きく影響します。

特別活動とは、部活や生徒会、ボランティア活動への積極的な参加などです。

出欠とは、要因が不明、またはサボりといった欠席については、マイナスの査定となります。
また、健康面に不安を抱えている生徒の場合は、学校によっては敬遠するところもあるかもしれません。本来は、そういった事はないほうが良いです。しかし現実には、厳しいようです。

総合所見とは、その生徒の総合的な評価を担任が行ない、それを文章にしたものです。日頃の学校生活での態度や交流、長所や短所をしっかりと見られているようです。
例えば、きちんとした勉強方法を持っている生徒に対しては、自己管理がしっかりしていると判断されます。きっと良い印象になっているでしょう。

合否に使われる内申書

以上のような項目を、高校では点数化しています。つまり内申書では、序列が付けられます。もしもあまりに悪い点数だと、試験を受ける前に不合格という事になります。

日頃から内申書を気にして生活するというのは、あまり感心できません。ですが高校受験に合格するために、心象を悪くしてしまうような行動を止めましょう。

※この記事は2008年当時の記事になります。

タイトルとURLをコピーしました