スマートフォンのプラットフォーム・Android

スマートフォンのプラットフォームの一つに、Android(アンドロイド)という物があります。これはパソコンの場合で例えると、Windows OSの様な物とイメージできます。
Android OSの開発はGoogle社が行なっており、無料で提供されています。無料にする理由は、Android端末を市場に普及させるためでしょう。まずはAndroidのスマートフォン端末を普及させて、その後有料のアプリを販売して利益を出す、という事だと思います。
なお、アプリには無料の物もあります。なのでユーザーは、無料のアプリを選ぶ事もできます。

Androidアプリ

アプリの入手方法は、Google Playという場所から入手できます。
その場所を知らない時、Android用のアプリをどこから取得するのか、よくわかりませんでした。ネット上の様々なサイトから欲しいアプリを探してダウンロードするのだろうか、と勝手に思っていました。
実際には、そんな面倒なことをする必要はありませんでした。Google Playに行けば、役立つアプリがたくさん見つかります。

役立つアプリには、例えば日常生活で使えるアプリがあります。ライフスタイルに関するアプリです。
その中の一つに、料理レシピを検索できるアプリがあります。料理名や材料名から検索できるのはもちろん、クリスマスというイベント名からも料理のレシピを検索できるアプリもあるそうです。外出先で今日作る料理を検索して、事前に食材を買い物しておく事も可能でしょう。

また、「家計簿」や「お小遣い帳」のアプリもあります。収入と支出を入力する事で、今残っている「お金の残高」がわかります。どんな物にいくら使ったかなど、日々の家計を管理するのに役立つアプリと言えます。「無駄遣い」を確認できて、お金の節約に繋がるでしょう。

スティックタイプのAndroid PC

Androidのプラットフォームはスマートフォン端末だけでなくて、スティックタイプの端末にも使われています。

以前に、スマートテレビという名称を聞いたことがあったかもしれません。一般的にスマートテレビとは、従来のテレビに対してインターネットの機能やパソコンのアプリ機能を付加した物と言われていました。
ちょっと魅力的に思うけれど、今使っているテレビを買い換えてまで使う予定は無い。もしかしたら、そう思う人が多いかもしれません。

ところで、すでに持っているテレビにHDMI入力端子が付いているなら、スティックタイプのAndroid PCという機器を付け足すだけで、スマートテレビにできるそうです。この機器のように従来のテレビに付け足すだけでスマートテレビにできるなら、そうしてみようと思う人がいると思います。

実際のところ、スマートフォン端末と比べて、スティックタイプのAndroid端末はそれほど普及していないようです。だけど、身近なテレビ機器を便利にしてくれるAndroid端末だと思いました。

代表的なスマートフォンと言えるAndroid端末

AndroidスマートフォンAndroidのスマートフォンは、まるで小さなパソコンみたいです。よって、その全ての機能を使いこなすのは、最初は難しそうだと思うかもしれません。スマートフォンのような新しい家電は好きなのですが、新機能の使い方を学ぶのはちょっと面倒と言えます。
だけどAndroidのスマートフォンなら、取扱説明書を読まなくても直感的に操作方法がわかるだろう、と思いました。

Androidは使いやすいという事で、日本のスマートフォン市場でも普及してきました。日本では、iPhoneまたはAndroidという2択になっています。

ちなみにAndroid端末のほうが、バリエーションが豊富な気がします。Androidの独自機能が搭載された端末が多く発売されている、と聞きます。そして利用できるアプリも、かなり豊富にあるようです。
一つの考え方として、2台目のスマートフォンに「お手頃価格のAndroid端末を選ぶ」という選択肢もある、と思います。iPhone端末とAndroid端末を共にうまく使ってゆくと、より一層デジタルライフが快適になるかもしれません。