活性酸素から目を守ってくれる、抗酸化物質のルテイン

目を老化させる活性酸素

加齢にともなって、目も老化してゆきます。老化の症状としては、水晶体が濁ることで起きる白内障や、視野の中央部分が見えづらくなる黄斑変性症などがあります。

目は必要以上の光を受けると、

活性酸素が発生することで老化を進めてしまいます。

毎日の生活でたくさんの光を目に受けるなら、サングラスを着用するなどしましょう。紫外線(UV)などの光刺激から、目を守るためです。紫外線は、白内障の原因の一つとも言われています。出来るだけ、目をガードしましょう。

活性酸素から目を守る抗酸化物質

加齢が原因で、目が疲れやすくなると言われています。加齢によって、活性酸素から体を守りきれなくなるためです。 
そのような「目の疲れ」を解消したいなら、抗酸化物質を体内に取り入れると良いです。なぜなら、活性酸素から目を守れるからです。

抗酸化物質には、「活性酸素が発生することを阻止してくれる働き」があります。抗酸化作用を期待できる栄養には、カロテンやビタミンB群、ビタミンCやビタミンEなどがあります。

よく知られている抗酸化物質の一つに、アントシアニンがあります。ブルーベリーに含まれているポリフェノールの一種です。赤紫色の色素であり、抗酸化物質です。活性酸素が発生するのを阻止してくれる、と言われています。

また、アントシアニンには、目の機能を改善したり視力を向上させてくれたり、という効果を期待できます。このことより、ブルーベリーは「目の疲れ」を取るのに良い、と言われているようです。

ルテイン

ホウレンソウ

ホウレンソウ

ルテインは、近年「目に良い」と言われている栄養素です。このルテインには、抗酸化作用があるとされています。

ルテインはホウレンソウやブロッコリー、芽キャベツなどの野菜に含まれています。体内では作ることができないため、食べ物から取る必要があります。

ルテインは、目の網膜や黄班部に多く存在している栄養です。

その強い抗酸化作用により、活性酸素を除去して目を保護します。

さらに視力低下や失明を引き起こす黄班変性症の改善にも、ルテインは効果的という指摘があります。疲れ目だけでなく、眼病の予防にも効果を期待されている栄養素です。