いつの日か実現したい、マンションの購入

マンションを購入したい

「素敵なマンションを手に入れたい」
 

マンションそう思っている方は結構多い、と思います。そして少しでも良質なマンションを見つけるために、立地条件や間取り、価格などを丁寧に調べていると思います。
マンションを購入する事は、その後の人生を設計する事と言って良いでしょう。なのでマンションは、自分や家族にとって、いつまでも価値のある物であってほしいと願っているでしょう。

一般的に「住まい」は、人が生活していく上で最も大切な場所と言えます。なのでマンションを購入する際は、周辺の状況や立地条件、内装など、様々な事を検討する必要があります。
せっかく新築マンションを買ったのに住みにくかったら、その後がっかりしながら生活していく事になってしまうかもしれません。

マンション選びのポイント

通勤のしやすさ

マンションを選ぶポイントには、いくつかあります。もしも都内に会社勤めの方なら、「通勤のしやすさ」をぜひ優先してください。10年間、20年間の長きにわたって通勤する事になると思うので、通勤が快適である事は、「会社勤め」の方にとって大切です。

例えば駅まで徒歩で行けたら、交通アクセスは快適です。「奥様」や「お子様」という家族にとっても、駅から近いマンションは嬉しい事だと思います。

眺望良好

「高所からの眺め」は、なぜだか気分を爽快にしてくれます。私は旅行の時ぐらいしか、高い場所からの景色を見る機会はありません。だけど可能なら、毎日眺望を楽しみたいです。
もしも高層マンションに住めるなら、毎日部屋の窓から「開放的な眺め」を楽しめると思います。さらに四方開放されたマンションなら、素敵な眺望を満喫できるでしょう。

そして高層マンションと言ったら、窓から放たれる「部屋の明かり」も綺麗です。人工的な照明の美しさになりますが、まるでライトアップされたランドマークタワーみたいに美しい、と言えます。

今までにじっくりと、高層マンション群の夜景をご覧になった事はありますか?
マンションを始め、高層ビルや大橋など、夜になるとライトアップされている地域があります。一般家庭で「お馴染みの照明」は、このような夜景スポットを作り出す光の元になっています。
その近くに川がある場合、水面に高層マンション群の「夜景の明かり」が映り込みます。それは、とても綺麗な光景となります。
場所にもよりますが、夜景を楽しめる公園などがあったりします。仕事に疲れたりして元気がない時、キラキラ輝く夜景を眺めてみましょう。きっと元気を取り戻せる、と思います。

リフォームの注意点

マンションの購入を考えているなら、リフォームについても知っておきましょう。マンションをリフォームする場合、どんな点に注意する必要があるか知っておきましょう。

マンションの場合、個人で勝手にリフォームしてはいけない部分があります。自由にリフォームできる範囲を確認する事が、大事です。
マンションの場合は、「区分所有法」という法律に沿って作られた管理規約と使用細則というものがあります。これは、所有者がそれぞれ快適に暮らせるようにと決められているものです。なので住人は、それを守って工事をしなくてはなりません。

そのマンションの管理規約によっても若干違うと思いますが、リフォームできる範囲は決まっています。個人の「専有部分」だけです。「共用部分」「専用使用部分」については、リフォームできません。

「専用使用部分」とは、どの部分になるのでしょうか。それは住んでいる居住者が、普段、専用に使用している「共用部分」になります。例えばベランダ、玄関扉、サッシなどです。
サッシの鍵や網戸なども、専用使用部分に含まれます。基本的には共用部分になるので、リフォームはできないです。
ただし「網戸の張り替え」や「ガラスが割れた時の交換」「鍵の交換」というメンテナンスは、持ち主がするように決められています。

マンションの管理規約には、工事の「やり方」、工事をする前には申請・許可をもらう事、工事に使う材用の指定などが決められている場合があるようです。
規約によっては、理にかなっていない場合もあります。事前に細かく確認したほうが良いです。

理にかなっていない場合とは、例えば
浴室の改装の全面禁止があったり、
指定業者以外の出入り禁止、
「水廻り」の位置の移動禁止、
配管の交換の禁止など、
これらを理由も無く決めてしまっているマンションがある、ということです。

また、分電盤の容量やガス給湯器については、「大きさ」の上限が決められている場合が多いようです。
実際にリフォームする際は、管理組合に相談することをおすすめします。