オール電化の住宅で心配される「電磁波の影響」

電気製品の電磁波を浴びたら、癌になるって聞いた。もし本当なら恐ろしいです。

電磁波の悪影響があるのは、長時間にわたって電磁波を浴び続けている場合です。

家電を通常の使用頻度で使っているなら、大きな悪影響はないと言えます。

ちょっと気になる「電磁波の安全性」

電磁波

近年流行りのオール電化ですが、

家中の全てが電気製品になると、電磁波が心配という人がいるかもしれません。

この電磁波とは、以下の総称です。

  • 放射線
  • 電波

電気が流れている場所では、電磁波が発生すると思って良いです。

なお、オール電化の住宅だから電磁波の影響を「強く受けるという考え」は、間違っています。

電磁波に関しては、電気を使用する生活を続ける限り、全く浴びずに生活するのは不可能でしょう。

オール電化のデメリット・電磁波の悪影響

オール電化には、以下のメリットがあります。

  • 火を使わないから安全である。
  • 光熱費が安くなる。

ですが残念ながら、デメリットもあります。

その一つは、電磁波による人体への悪影響です。

  • 電磁波によって体調不良になったりする。
  • 病気になる可能性が高くなったりする。

このようなことが指摘されています。特に欧米において、電磁波の悪影響が知られています。

具体的な人体への悪影響として、以下のことが言われています。

  • 頭痛。
  • 吐き気。
  • 癌の発症率が高くなる。
  • 白血病の発症率が高くなる。

ただし病気になる可能性が高まるのは、長時間にわたって電磁波を浴び続けている場合です。

オール電化で電磁波と言えばIHクッキングヒーターがありますが、長時間にわたってIHクッキングヒーターを使い続けている人は少ないと思います。

通常の使用頻度なら、「大きな悪影響はない」と言えます。

安全と言われているIHクッキングヒーター

オール電化住宅の機器の中で、体に近い場所で使用する機器と言えばIHクッキングヒーターです。

IHクッキングヒーターの位置は、女性の腹部付近になります。
なので妊娠している女性が調理する時に、電磁波の影響が心配されます。

また、小さい子どもの「ちょうど頭部付近」になります。
なので、こちらも心配です。

では、IHクッキングヒーターの電磁波は安全なのでしょうか?

調理をしている時には、周波数20キロヘルツから30キロヘルツの電磁波が発生します。
これらの電磁波については、他の家電から出る電磁波と「だいたい同じくらい」だそうです。

今のところ、IHクッキングヒーターを「安全」と言って販売しているので、健康に悪影響はないでしょう。

すぐに実施できる電磁波対策

なお、電磁波を出すのは、IHクッキングヒーターだけではありません。
次のような家電からも、電磁波が出ています。

  • スマートフォン
  • パソコン
  • テレビ
  • ホットプレート
  • こたつ
  • ドライヤー

なぜなら電磁波は、電気を使用している物の全てから放出されているからです。
家の中には、すでに電磁波を出す家電製品がたくさんある状態と言えます。

そんな状況において、すぐに実施できる電磁波対策には以下のものがあります。

  • 電化製品を長時間続けて使わないこと。
  • 電化製品から距離を取ること。

ぜひ覚えておきましょう。