家電の円滑なリサイクルを目指す、家電リサイクル法

リサイクル家電リサイクル法は、2001年4月に施行されました。
(廃棄物減量と循環型社会を目指した容器包装リサイクル法などに続いて、施行されました)。
対象品目は、ブラウン管テレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機です。そして2004年に、冷凍庫が追加されました。

この法律により、小売業者による対象家電の引き取りと、製造者および輸入業者の引き取り、再商品化が義務化されました。
消費者は「これら家電」を廃棄する際、リサイクル料金を支払って引き取ってもらう必要があります。
そして製造業者などは、引き取った家電の定められたリサイクル率(50%から60%)を達成しなければなりません。

また、フロンの回収も定められています(エアコン・冷蔵庫・冷凍庫のフロンの回収)。
フロンはオゾン層破壊や地球温暖化を引き起こすガス、と言われています。

地球温暖化の対策としても、資源を大切にする上でも、家電の円滑なリサイクルはとても大切です。家電リサイクル法によって廃棄物を減らすと同時に、きちんとリサイクルできる体勢が、今後ますます求められて行くでしょう。

フロンガスの回収と処理

フロンガスは、オゾン層を破壊する性質を持ち、温室効果のあるガスです。このフロンガスを可能な限り排出しないようにして回収することが、私達の責任となっています。

現在では世界の各先進国で、フロンガスの生産、フロンガスを使用した製品の生産が中止されています。
しかし、この取り決めは1995年にされたので、それ以前に製品として生産されたエアコンや冷蔵庫などは、現在もフロンガスを排出し続けています。

そして1995年より前に生産された製品を廃棄する時にも、多くのフロンガスが排出されています。フロンガスが使用されている製品は、単にリサイクルして使用されるのではなくて、フロンガスの処理も「きちんと行なう必要」があります。

リサイクルする時、お金が掛かるので嫌だと思うかもしれません。
しかし、フロンガスを回収するために必要な場合もあるので、リサイクル料を支払って、専門業者に「きちんと廃棄処理」をしてもらいましょう。

家電
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム