花粉症を軽減できる、アロマの精油

芳香植物の精油を活用して心身の健康を保つ療法として、アロマテラピーが知られています。

近年では、癒しの効果だけでなくて、健康問題の解決においても利用が試みられています。その一つの例として、アロマテラピーによる花粉症対策があります。

花粉症の女性「ひどい鼻水や鼻詰まり、くしゃみ」という症状には、ティッシュにユーカリ・ラジアタの精油を付けて吸入してみましょう。ユーカリ・ラジアタが持つ、粘膜の炎症を緩和するという効果を期待できるからです。

または、ホホバオイルにティートリーやカモミールを薄めて、首に塗ってみましょう。鼻水などの症状の緩和を期待できます。

「喉に痛み」を感じるなら、抗菌作用を期待できるティートリーやユーカリ・ラジアタ、ゼラニウムなどで、「うがい」をしてみましょう。

アロマの精油を使えば、花粉症にまつわる不快な症状を軽減できる場合があります。ぜひ試してください。