あまり眠れないなら、「眠り」を誘ってくれるアロマを使いましょう

快眠に役立つアロマ

アロマのような「植物の香り」を嗅ぐと、なんだか元気を回復できそうな気がします。例えば、「新緑の匂い」がする「そよ風」を体いっぱいに受け取ったら、ちょっと気分が良くなります。

そんなアロマは快眠にも役立つ、と言われています。

アロマテラピーを行なうことで、睡眠を促せます。なぜならアロマテラピーは、脳を落ち着かせるからです。

芳香浴

ぐっすり眠る星

アロマテラピーの方法としては、芳香浴が一番おすすめです。「アロマの香り」の中で寝ることで、脳をリラックスさせることができるからです。

アロマグッズとしては、アロマポットが「おすすめ」です。
なお、火を使う物でなくて、電気で動作するアロマポットを使いましょう。寝る際に火を使うことは、火事になる危険があるからです。

また、枕にエッセンシャルオイルを垂らしたり、ハンカチにオイルを垂らして枕元に置いたりすることも、手軽で安全な「やり方」です。ぜひ、やってみてください。

ポプリを器などに入れて、枕元に置くのも良いです。小さな袋にポプリを入れて、枕カバーの中に入れておくことも良いです。

このような芳香浴によって、「好みの香り」で寝室を満たしましょう。きっとリラックスできる「お部屋」になると思います。そんな寝室なら、ぐっすりと眠れるでしょう。
しっかり睡眠を取ったはずなのに、だるくて朝、起きれない。そんな「お疲れ気味の方」は、「アロマの香り」を活用してください。

「眠り」を誘うマンダリン

マンダリンは、多くの人から人気があります。そしてアロマテラピーの初心者でも取り扱いやすい、と言われています。

例えばマンダリンは、子供や妊婦さんにとっても、優しい作用である事が知られている精油です。その効果は気分をリラックスさせて、心を楽しくさせるような効果があります。

また、妊娠中のママさんには「妊娠線の予防」や「むくみ」を始め、セルライトを防止することも期待できます。なので出産を控えたママにも、最適な精油と言えます。

体に対する効果では、「消化不良を改善する効果」や「便秘を解消する効果」を期待できます。「体のバランスを整える効果」も期待できるので、「体の疲れ」を取り除いてくれるでしょう。

そんなマンダリンのオイルでアロマテラピーをすると、ぐっすり眠れるとされています。睡眠を誘うので、普段あまり眠れない人に「おすすめなアロマ」です