南国リゾート感を演出できる、アジアン家具

アジアン家具

アジアン家具とは、

インドネシアやベトナムを中心とする東南アジア諸国や、中国・タイ・インドなどで作られている家具

のことです。

実際にはアジアン家具と言っても、それぞれの国のスタイルがあります。細かく言い分けると、色々あると思います。だけどそうしたらキリがないので、総称してアジアン家具と呼ばれるようになりました。

主な素材は、バンブー(竹)・ラタン(籐)・マホガニー・チークなどがあります。その見た目の色は、ダークブラウン系が多いです。

なお、アジアン家具は同じ素材でも「塗りの回数」や「メンテナンスの仕方」「塗装方法」などで「様々な風合い」を出します。なので、その「風合い」に合わせて楽しく選べる家具と言えます。

他の国の家具と比べてみると、例えば北欧家具では細部にまで作り込まれたデザインです。しかしアジアン家具では「素材の良さ」を出して、そのままストレートに作られています。これも特徴と言えます。

「素材の良さ」は、「家具の良さ」を決める要素と言えます。そんな素敵なアジアン家具は、和風やモダンなデザインと、とても合います。

日本の家具と相性がいい

アジアン家具の特徴は、和室や畳などの和風インテリアと馴染む事です。
それは、バンブーのような熱帯・亜熱帯地域産の物を使用していたり、ラタンやチークなど、天然素材の物を使用していたりするからだと思います。

様々なアジアン・インテリア家具類を使って、自由な発想で自分らしく心地良い部屋作りをできます。日本は同じアジアということもあり、アジアン家具は日本の家具とも相性がいいです。よって現在使っている家具に対して、お手軽にコーディネートできます。

アジアンの家具やインテリアを構成する要素には、バンブーやチーク素材の物、大きめに育った観葉植物類のグリーン、絵画や彫り人形などがあります。
かなり存在感のある物が多いので、部屋に置くだけで雰囲気を変えられます。
もしも「ちょっと存在感がありすぎて難しいかも?」と考えている方は、アジア地域のホテルのコーディネートなどを参考にして、リゾート感・リラックス感を演出してみましょう。

南国リゾート感を演出

アジアン家具を使っているだけで、どことなくリゾート感が漂ってくると思います。その上、「天然木の手触り」や「ぬくもり」も魅力的です。
また、木の匂いから、リラクゼーション効果や癒し効果を得られるので、リゾート感覚で使う事もできます。

アジアン家具を一つでも部屋の中に置くだけで、部屋の雰囲気を変えてしまうほど個性があります。そして個性的なのに、変に「浮いた感じ」もありません。気軽にインテリアのイメージを変えて楽しめます。

日本でも、年々人気が高まってきています。その理由は、

リゾートスタイルに映えるような涼しげなデザインや素朴感だと思います。

また、値段も比較的お安くなっていて、購入しやすいです。日本のサロンやスパなどではリラクゼーション効果を狙って、インテリア家具として置いてある施設が多いです。

お気に入りのアジアン家具で、リラックス感あふれる部屋にしてみましょう。ゆったり気分になれるでしょう。

おすすめ・バンブー家具

なお、アジアン家具は個性的な物が多いため、一つの部屋にあまり多く置かないほうが良いです。厳選して、部分的にアジアン・スタイルを引き締めるようにすると、その他の家具も引き立ってくると思います。

自分の感性や直感を大切にして、家具や雑貨を選んでみましょう。それらが素敵な室内空間を生み出す鍵になると思います。

「竹の良さ」を最大限に活かしたアジアン家具の一つに、バンブー(竹)家具があります。

竹一般的に竹は虫が付きやすくて、ひび割れしやすい素材と言われています。なのでバンブー家具の製作では、しっかりとした管理が求められます。「素材選び」も重要であり、職人が実際に竹林まで行って素材を選んでいるメーカーもある、と聞きます。

バンブー家具に塗る塗料(カラー)も、メーカー独自に工夫されているそうです。メーカーは、竹自身が持っている「自然な風合い」を生かした塗料を塗って、「仕上げ」を行なっているという事です。

お気に入りのバンブー家具を見つけて、お部屋に揃えましょう。いつもの部屋が、素敵な空間に変わるでしょう。

住まい
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム