アトピー性皮膚炎の治療法・紫外線 照射療法

治療法の一つ・紫外線 照射療法

日光アトピー性皮膚炎の方の中には、日光に当たって日焼けをすると、アトピー性皮膚炎の症状が改善されたいう方がいます。

昔から紫外線(UV)には、皮膚炎を抑える作用があるということが知られていました。「紫外線 照射療法」として、外用療法と併せて用いられる治療法の一つと言えます。
日焼けする事で炎症が抑えられて、皮膚の防御機能を高める効果があるとされています。

しかし「日焼け」は、全ての人に有効に作用するとは言えません。アトピー性皮膚炎を起こしている人は、肌が敏感な状態になっています。皮膚炎を起こしやすい状態なので、ちょっとした刺激でも炎症が悪化したりする場合があるからです。

日光に当たると症状が良くなるという人も、確かにいるようです。しかし紫外線が刺激となり、さらに皮膚炎を悪化させる可能性があります。日光に当たることに対しては、慎重になりましょう

「日焼け止め」を使いましょう

アトピー性皮膚炎の方は、肌が敏感になっています。とても皮膚炎を起こしやすい状態と言えます。日焼けを行なう際、急に大量の紫外線を浴びることは良くありません。「日焼け止め」を使用しつつ、徐々に焼いていくようにすると良いでしょう。

なお、アトピー性皮膚炎の方が「日焼け止め」を使う場合、どの「日焼け止め」を使うと良いか、症状によって違います。なので、皮膚科専門医の指導を受ける必要があります

あと、「日焼け止め」と同様に「化粧品」を選ぶ際も気をつける必要があります。化粧品がアトピー性皮膚炎を悪化させる可能性があるからです。
アトピーの治療を受けている方は、自分が選んだ化粧品にどのような成分が含まれているか、しっかり確認しておきましょう。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム