アトピーの症状が改善したという例がある、温泉治療

温泉で、アトピー症状が改善した例

温泉アトピーの治療において、薬剤や食事療法では効果がなかったのに、温泉水で症状が改善したという例があるそうです。

温泉がアトピーに良い理由は、皮膚炎の治療には酸性水が良いからです。

温泉には、アルカリ性と酸性の温泉水があります。アトピーの治療に良いのは、酸性の温泉です。酸性には、殺菌作用があります。皮膚炎を治すには、酸性水で洗うことが良いと言われています。

なお、一般的な家庭の水道水には、塩素が含まれています。なので皮膚炎には良くない、と言えます。

アトピー症状が悪化する例もあります

温泉は皮膚炎の治療に有効であると、一般的には言われています。実際のところ、湯治は「かなり効果の高い治療法」です。温泉については、万病に効くとよく言われています。

ですが湯治によるアトピー治療に対しては、注意が必要です。実は温泉が原因で、アトピーの症状が悪化する事例があるからです。どの種類の温泉の「お湯」がアトピーに対して効果があるのか、よくわかっていない状況です(2010年当時)。

あと、肌を温める事は、「かゆさ」を悪化させる可能性があります。その他にも、皮膚が赤くなり湿疹ができる場合もあります。このように、アトピーの症状が悪化する場合が見られます。

以上の事より、温泉によるアトピーの治療は100%有効であるとは言えないでしょう。

悪化の原因

温泉治療はアレルギー性皮膚炎に効果がある、と言われています。ですが温泉の全てが良い、という訳ではありません。

アトピーの炎症を悪化させてしまう物は、肌の表面にある黄色ブドウ球菌と言われています。これが繁殖して、皮膚炎を起こします。
この黄色ブドウ球菌を殺菌するには、酸性の「お湯」が良いと言われています。硫黄水素泉や硫化水素泉、酸性水が、肌の炎症を鎮めて、イオン化した成分が皮膚から体内に入って、皮膚組織を正常化させるそうです。

また、アトピーの原因の一つにストレスがあります。
よって温泉に入る事で、リラックスできてストレスを解消できる点は、アトピーの治療に良いと言えます。

アトピー治療の選択肢の一つ

温泉治療は、アレルギー性皮膚炎に効果があると言われている治療法の一つです。アトピー体質そのものを改善する訳ではありませんが、薬だけに頼る治療に代わる方法として注目を集めています。

温泉に入る事は、ストレスの解消や、低下している内臓機能を活性化するのに良いです。
大人になってもアトピーが治り切っていない場合、温泉による治療が実施されている事例が見られます。皮膚炎の治療に良いと言われている温泉水を、ぜひ利用してみましょう。