人気がある渡航先・オーストラリア

修学旅行で人気の行き先

学生が修学旅行で訪れる海外として、オーストラリアがとても人気です。オーストラリアは、日本人の海外旅行先として毎年ベスト3に入るくらいの人気です。なので、学校が修学旅行先にオーストラリアを選ぶことは自然なことと言えます。
その国土は広くて、日本の何倍もあります。そして様々な自然や文化、遺跡があります。訪れる人たちを魅了します。

修学旅行の一般的なスケジュールとしては、アボリジニの文化を学んだり、コアラなどの「かわいい動物たち」と触れ合ったりすることが多いでしょう。
オーストラリアの原住民であるアボリジニの展示物は、見学できるようになっています。コアラやカンガルー、エミューという動物たちと、触れ合ったりもできます。
修学旅行は一週間くらいなので、オーストラリアの全てを見学しきれないでしょう。短い旅行だけど、そこで体験し得たことは「とても貴重なもの」と言えます。

英語を習得できる渡航先

オーストラリアは、語学学習の渡航先として「とても人気がある国」です。
その理由の一つに、英語圏であることが挙げられます。他の理由には、日本と気候が近いということ、時差がないこと、とても発展した国であることなどが挙げられます。

その一方で、日本語を話せる人は少ないようです。例えばハワイのように、日本語を話せる人が多いということはありません。日本語のサポートもないようなので、現地で生活する際は、英語を話せることが必須となります。このような環境は、英語を覚えたいという人には向いていると言えます。

オーストラリアの言語は英語なので、英会話に自信のある方は現地の方と会話してみましょう。
身振り手振りを交えながら、知っている単語をいくつか並べてみるだけでも、結構通じるかもしれません。ただし、誤解される可能性もあります。気をつけましょう。

ちなみに日本からオーストラリアに行く時は、タイムゾーンを横断しません。なので、「時差ぼけ」にはなりません。よって睡眠障害に悩むことはないです。

オーストラリアオーストラリアは南半球に位置している国なので、日本とは全く逆の四季を持つ国です。そして、北側の地域は常夏であり、南の地域に行くほど気温が低くなります。
大自然と砂漠、都市が混在している地域では、見所がたくさんあります。そんな場所なら、英語を快適に学べると思います。