どのくらいある?赤ちゃんの視力

気になる赤ちゃんの視力

赤ちゃんお母さんにとって、赤ちゃんの視力は気になることです。ちゃんと自分たちの姿が見えているのか?ちょっと気になる、と思います。
生まれてすぐの赤ちゃんの視力は、0.1以下と言われています。視力は弱いです。だけど、色の判断はできます。なので明るくて鮮やかな、はっきりした色合いの「おもちゃ」を、目で追うことができます。

新生児期の赤ちゃんは、まだぼんやりとしか見えていません。生後3ヶ月を過ぎると、だんだん焦点が合ってきます。
ちなみに赤ちゃんは、「水晶体の厚さ」を柔軟に変えることができる、と言われています。例えば生まれたばかりの赤ちゃんの場合、かなり近接した10センチくらいから無限と言えるくらいまで、目のピントを合わせるのが可能だそうです。

赤ちゃんの視力

目

実際のところ、赤ちゃんの視力はどのくらいあるのでしょうか。
赤ちゃんは、生まれた時に視力が1.0ではありません。

目は「見る」という練習をすることによって少しずつ発達していき、視力を得ていきます。これは、赤ちゃんがハイハイをしたり立ったりするという練習によって、歩けるようになっていくのと同じと言えます。

一般的に乳幼児の視力は以下に示すくらい、と言われています。

  • 生後1ヶ月……目の前の手などが動いている事を、わかる程度。
  • 生後2ヶ月……0.01。
  • 生後3ヶ月……0.04から0.08。
  • 生後8ヶ月……0.1。
  • 1歳……0.2から0.25。
  • 2歳……0.5から0.6。
  • 3歳……0.8。
  • 7歳……1.0。

このように、最初から目がよく見えているという訳ではありません。赤ちゃんは訓練することによって、見えるようになっています

子供の視力

子供の視力について補足すると、2歳になると、視力は0.5程度まで発達します。
3歳になると、半数くらいの子供が大人並の視力1.0になります。
4歳になると7割くらい、5歳になると8割くらいの子供が1.0くらいになります。
6歳では、ほとんどの子供が1.0くらいになります。

子供の時、何かの原因のため、脳の神経にうまく刺激が伝わらなかったりすると、視力は育ちません。目の異常については出来るだけ早く、3歳前に発見してあげるのが良いです。
子供が小さいうちは、目の異常を見つけることはなかなか難しいです。しかし発見が早ければ早いほど、視力を回復しやすくなります。

子供の疲れ目を防ぐ方法

現代の子供たちは昔に比べて、目に悪い環境で過ごしていると言えます。確かに「子供の周り」を見渡すと、スマートフォンやゲーム機、パソコンやテレビなど、目を酷使させてしまう機器がたくさんあります。なので大人と同様に、疲れ目の症状で悩んでいる子供は多いようです。

子供を疲れ目にしないためには、周りの大人が気を配り、適切なアドバイスをする事が必要と言えます。
例えば子供が物を見る際、適切に距離を保つように指導しましょう。パソコンを見るなら50センチ以上、テレビを見るなら1メートル以上離れて見るように指導しましょう。
「目を休ませる決まり」を作るのも大事です。長時間、スマートフォンやパソコンを見続けないようにする、一定時間ごとに目を閉じたり遠くを見たりして目を休ませる。このようなルールを子供との間に決めておきましょう。

疲れ目はそのまま何の対策もしないと、近視を進行させる事に繋がってゆきます。子供の目を近視にさせないためにも、適切な大人のアドバイスが必要です。

視力の発達に繋がる「脳への刺激」

赤ちゃんは、人の顔に特に興味を持ちます。子育て中の「お母さん」は、積極的に赤ちゃんの顔や目を見てあげてください。そして語りかけるようにしてください。
そうすると赤ちゃんの脳は自然と刺激されて、視力の発達に繋がります
赤ちゃんの視力は、色々な物を見て脳の神経を刺激してやることで育っていきます。例えば鮮やかな色の木の「おもちゃ」なら、楽しく遊んで脳を刺激できると思います。

赤ちゃんの視力について注目したい点を言うと、2ヶ月までにできる「凝視」と、3ヶ月以降の「追視」です。この2つができていれば、赤ちゃんの目の発達は正常であると言えます。
「凝視」や「追視」は、普段の生活の中で簡単に確認できます。赤ちゃんと遊ぶつもりで、やってみてください。

赤ちゃんと遊ぶ際は、木の「おもちゃ」例えば積み木などが良いでしょう。赤ちゃんが口に入れても安全な「おもちゃ」を選んでください。
なお、赤ちゃん用とされている木の「おもちゃ」は、大人が触っても心地良い物です。よって赤ちゃんも、心地良いと思ってくれるでしょう。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム