専門医に相談、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎

幼少期に発生しやすいアトピー性皮膚炎

そもそもアトピー性皮膚炎とは、どういった症状のでしょうか。
湿疹の一種であり、先天性の過敏症と言われています。アレルギー反応と関係があるとされています。

アトピーという言葉は、「アトポス」というギリシャ語が由来になっています。日本においては、アトピーという言葉はアトピー性皮膚炎のみを意味する言葉になっています。ですが元々は、複数のアレルギー疾患に対して使われている言葉です。鼻炎や気管支喘息に対しても、使える言葉と言えます。

アトピーの特徴の一つは、

幼少期に発生する確率が高い

という事です。
幼少期にアトピーで苦労している人がとても多くいる、と言われています。親子で、この問題に悩まされている家庭が多いです。

なお通常では、幼少期に免疫力がついて、自然に治癒する症状と言われています。しかし近年では、成人になるまで完治しない事例も増えています。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎

赤ちゃん「赤ちゃんの肌荒れ」の一つに、アトピー性皮膚炎があります。アトピーは乳幼児期に発症することが多い、と言われています。

顔や体全体に、赤い湿疹ができます。一般的には、強い痒みや湿疹という症状があります。また、掻くことによって感染して炎症を起こすことがあります。

アトピー性皮膚炎の原因には、自分の汗やホコリ・ダニ、乾燥・遺伝などが挙げられます。

家庭におけるケアは、清潔にする事です。そして、医者に診察してもらう事です。

注意事項

  • 毎日部屋を掃除して、清潔に保ちましょう。
  • 「じゅうたん」などの毛が立っている所にゴミやホコリが入って、不衛生になっていることがあります。そういう物を敷かないようにしましょう。
  • ペットは、ダニやホコリの原因と言われています。飼わないようにしましょう。
  • ワセリンやベビーオイルなどを用いて、皮膚の乾燥を防ぎましょう。
  • 赤ちゃんが食べた物を、出来るだけ記録しておきましょう。そして湿疹が出た時に、どの食材で出たか、わかるようにしておきましょう。
  • 両親や兄弟にアトピー性疾患を患う方がいる場合、アトピー性体質になる場合があります。子供が親の体質を受け継ぐことがあるようです。

ちなみに処方されるアトピーの薬は、それぞれの赤ちゃんの発疹によって違います。よくわからない薬を勝手につけたりしないで、専門の医師からもらった薬をつけましょう。

乳幼児湿疹の場合

また、赤ちゃんに現れるデキモノのような物として、乳幼児湿疹があります。
この湿疹は食生活に気をつけたり、毎日ぬるま湯で拭いてあげたりすることによって、なくなるようです。

しかし、色々とケアしても乳幼児湿疹がなくならない場合、アトピーの可能性もあります。病院で診察を受けてください。
アトピーには、様々な種類があります。なので自己判断できない場合は、専門医に相談しましょう。

治療法の確立を期待されています

アトピー性皮膚炎は、近年になってますます増加している皮膚の疾患と言われています。発症の時期は赤ちゃんの時だったり、大人になってからだったりします。
その原因と考えられている物質はとても多く、なぜ「かゆくなるのか」というメカニズムもはっきりとわかっていません。こんな状況なので、治療方法も確立していないという状況です(2012年当時)。

残念ながら、まだ完全な治療法は確立されていません。しかし今後さらに研究されて、より良い治療法が見つかる事を期待されています。

肌の保湿ケア

食事や住宅環境を見直すことが、アトピーの症状改善に必要と言われています。そしてその他にもアトピー肌用の保湿化粧品を使って、肌の保湿ケアをすることも大事と言われています。
病院でアトピーの治療を受けた際、ワセリンなどの保湿剤を使うよう指示されたりします。指示通りに保湿剤を塗ることで、強い「かゆみ」を軽減できると思います。

なお、保湿剤に頼りすぎてはいけないという指摘もあります。保湿剤を使い過ぎると、肌が本来持っている保湿機能を低下させてしまうからです。「かゆみ」などの症状がひどい時だけ保湿剤を薄く塗るなど、適切に保湿剤を使うと良いでしょう。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム