赤ちゃんの体温測定で気をつける点

体温測定で気をつける点

赤ちゃんいつも元気な赤ちゃんが、病気にかかってしまうこともあるでしょう。そんな時、かかりつけの「お医者さん」の指示を受けて、「お母さん」や「お父さん」が看病することになるでしょう。
その看病では、体温計を使って赤ちゃんの体温を測ったりします。赤ちゃんの体温を正確に測る場合、ちょっと気をつける点があります。

一般的に赤ちゃんは、体温の調節機能が未発達です。なので厚着していると、体温が上がっている場合もあります。暑すぎず寒すぎずという適切な服装を着せて、体温を測りましょう。
あと、動いたり泣いたりした後では、正確な体温を測れない場合があります。赤ちゃんが落ち着いた状態になってから、体温を測るようにしてください。

未発達な体温調節機能

赤ちゃんの体温調節機能は、未発達と言えます。赤ちゃんが「お母さんのお腹の中」にいる時は、温度が約37度の羊水の中にいます。この羊水の中なら、体温の調節機能が不十分でも問題ないです。
しかし、生まれた後の乾燥した空気のある部屋は、赤ちゃんにとって厳しい環境となります。そのため、生まれたての赤ちゃんは、温度管理がなされた新生児室で過ごすことになります。新生児室の室温は、25度から26度くらいになっています。

あと、赤ちゃんは、体の新陳代謝がとても盛んです。なので赤ちゃんの体温は、大人よりも高めの37度くらいと言われています。汗も、かきやすいです。なので赤ちゃんの肌着には、気を使いましょう。暑い寒いという季節によって、「肌着の組み合わせ」を替えてあげると良いです。

看病する部屋の温度

赤ちゃんが病気の場合は、体を温めることが多いと思います。だけど、「温め過ぎ」に注意してください。赤ちゃんは「体が熱いという状況」を、言葉で伝えることができません。
赤ちゃんにとって、布団の中や部屋の温度が適切かどうかは、お母さんなどが判断してあげる必要があります。赤ちゃんを看病する部屋は、夏の季節なら25度から28度くらいが良いでしょう。冬の季節では、18度から20度くらいが良いと思います。