赤ちゃんの健康を守るため、「うんち」を確認しましょう

赤ちゃんの便秘?

赤ちゃん赤ちゃんの「子育て」を経験した方なら、わかると思いますが、生後2、3ヶ月ぐらいになると赤ちゃんの「うんち」が急に出なくなったりします。1週間ぐらい、「うんち」が出なかったりします。

赤ちゃんが苦しそうではなくて、「おっぱい」や「ミルク」をいつも通り飲んでいるなら、特に心配ないそうです。
ですがママさんの中には心配になって、自己判断で赤ちゃんに浣腸した方もいるそうです。

このような場合、かかりつけの医師に相談すると良いです。
先程のママさんも、医師から「赤ちゃんのお腹も特に張っていないし、問題ないですよ」と言われたそうです。
ただし赤ちゃんが苦しそうにしている場合は、すぐに医師に診てもらってください。

うんちの色

ところで赤ちゃんの「うんちの色」を見て、驚くママさんも多いと聞きます。黄色や緑色だからです。

特に「うんちの色」が緑色だと、ちょっと驚くかもしれません。しかし乳児期では、緑色の「うんち」は、よく見られるそうです
緑色になる原因は、「うんち」が腸の中で酸化したためだそうです。授乳の際、赤ちゃんが空気をたくさん飲み込んだ時、このような「緑のうんち」が出たりするそうです。

赤ちゃんの健康状態を理解する際、「うんち」の状態を確認することは大事です。「おむつ」を替える際、「うんち」の状態も確認しましょう。赤ちゃんの健康を守ることに役立つからです。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム