失ったデータを取り戻せるバックアップソフト

とても困る、データの消失

「しまった、大切なデータが消えてしまった……」。
そんな時、データを復旧させたくても、それをする知識がない人のほうが多いと思います。

ダメ元で家電量販店に聞いてみても、「ハードディスクを交換するか、初期化するしかないので、データの復元を諦めてください」、などと言われることが多いそうです。
あと、データを復旧してくれる専門業者がいますが、費用は高額と聞きます。

データ復旧の業者に依頼せずに、自分で修復してみる、という方法もあるでしょう。
例えば、壊れたハードディスクを別のパソコンに繋いで、中に入っているデータをコピーするという方法です。でも、全てのデータをコピーできる保証はありません。ちょっと不安です……。

大切な事・データのバックアップ

ハードディスクのデータ

ハードディスクのデータ・イメージ画像

パソコンのプログラムやデータは、ハードディスクと呼ばれている部分に保存されています(ハードディスクについては、略語でHDDと書かれていることが多いです)。

このハードディスクの中には、CDやDVDのような円盤が何枚も入っています。それらが高速に回転しています。形状は、CDなどよりも小さい物です。パソコンを起動している間、ずっと「動きっぱなし」の機器と言えます。

ハードディスクは家電製品と同じような機械であり、消耗品と言えます。よって、いつかは壊れてしまう物と思っておく必要があります。

ハードディスクが壊れると、その中に保存しているデータを読み出せなくなります。大切な文書や写真のデータなどが、消えてしまうとことになります。よってハードディスク内のデータを、別の記憶装置や記憶メディアにバックアップしておく事が大切です。
バックアップ先としては、外付けのハードディスクやUSBメモリ、DVD-Rなどがあります。近年では、複数のハードディスクにデータを分散させて保存しておく事が多いそうです。

データの保存先

データをバックアップする段階で決めるべきことは、

「どこにデータをバックアップするのか」、つまり「データの保存先はどこか」

ということです。

ハードディスク現在のハードディスクは大容量が当たり前になっており、そこに保存されているデータの量は膨大になります。特に動画データや音楽データが多数ある場合は、データの容量が大きくなりがちです。

作業の手間と時間を考えると、データをバックアップする際の保存先は、大容量のハードディスクにするのが現実的です。
例えば外付けハードディスクや、(デスクトップ・パソコンなら)内蔵型ハードディスクを使用できます。※現在では、大容量SSDもバックアップ先として選べます。

物理的に別の場所

外付けハードディスクデータのバックアップ先は、物理的(機械的)に別の場所にすることをおすすめします。
バックアップ元のハードディスク装置に何らかのトラブルがあった場合でも、バックアップ先のデータを保護できるからです。

もしもバックアップ元と同じハードディスク内にデータをバックアップした場合、そのハードディスク装置が故障したら、元データとバックアップ用データが同時に消えてしまいます。
装置の故障を考慮した場合、バックアップ専用の「別のハードディスク装置」を用意するほうがデータを保護できる、と言えます。

USBメモリ

データの保存先として外付けハードディスク以外の場合を考えると、個人的には大容量USBメモリが便利だと思っています。
USBメモリのデータは自然蒸発してしまうと言われていますが、USBメモリでも良いだろうと思っています。データの消失が心配なら、長期間放置しないように気をつけましょう。
一昔前では小容量のデータくらいしか、USBメモリに保存できませんでした。しかし今では、 Windows OSのバックアップ先として8GB以上のUSBメモリが選択されていたりします。

ただし、データの保存先としてUSBメモリを使うのはやはり不安だと思う方は、USBメモリを使わないほうが良いです。

オンラインストレージ

その他バックアップ先として、オンラインストレージがあります。これはインターネットに接続されているハードディスクなどの装置となります。データの保存先として、オンラインストレージは有効な選択肢の一つと言えます。

失ったデータを取り戻せるバックアップソフト

長年パソコンを使用していると、色んなトラブルに遭遇します。数あるトラブルの中で非常に「がっかりするトラブル」の一つに、データファイルの消失があります。

私は今までに、操作を誤って写真ファイルを削除したり、突然に外付けハードディスクが認識しなくなり、オフィスの文書ファイルを失ったりした事がありました。
その当時、フリーソフトを用いて部分的なバックアップ対策(フォルダー単位のバックアップ)をしていたので、おおよそのファイルを取り戻せました。
ですが、失ったファイルもありました。こんな「ひどい目に遭う」なら、毎日、ハードディスクを丸ごとバックアップしとけば良かった、と後悔しました。

もしも私みたいに、一度でも「そんな経験」をしている方は、ぜひ普段から大切なデータをバックアップしてください

ハードディスクの復元

バックアップファイルを使ってハードディスク全体を復元する際、慣れていない方の中には、デバイス装置の起動順序で困ってしまう方がいるかもしれません。

例えば、復元作業を行なうためにCDやDVDからパソコンを起動する必要がある場合、 CD/DVDドライブの起動順序を最初に指定しておく必要があります。通常は、ハードディスクやSSDが最初に起動されると思います。ですが復元作業を行なう場合、CD/DVDドライブから起動するように、BIOSのセットアップメニューで設定しておく必要があります。

デバイス装置の起動順序について知っている方なら、特に迷わないことですが、パソコン初心者の方の中には、BIOSのセットアップメニューを触ったことのない方もいるでしょう。
バックアップソフトの取扱説明書に、その辺の説明が記述されていると思います。復元操作をする前に、説明書を読んでおきましょう。

付加価値がある「市販のバックアップソフト」

なお、ハードディスクを丸ごとバックアップする際、市販のバックアップソフトを使うことが多いようです。やはり性能や信頼性を考えると、市販ソフトを選ぶことになるようです。

最近では、フリーソフトなのにドライブをイメージ化してバックアップできるソフトも、登場しています。一昔前に比べて、市販のソフトを使わずにハードディスクを手軽にバックアップできるようになったと思います。

このように無料のバックアップソフトで、手軽にハードディスクをバックアップできるようになったため、有料のバックアップソフトは「さらに付加価値を備える」ようになりました。
例えば有料のオプションになりますが、オンライン・バックアップ機能が追加されたりしています。クラウド側のドライブにデータをバックアップしておけば、かなり安心だと思います。

あと、市販のバックアップソフトには、バックアップに掛かる時間を短縮する「差分バックアップ」や「増分バックアップ」と呼ばれている方法をサポートしているソフトがあります。
※近年では、フリーソフトでも「差分バックアップ」機能があったりします。だけど処理スピードを、わざと遅くしていたりします(無料版では、性能や機能が制限されていたりします)。

いくらデータは大事と言っても、毎回ハードディスクを丸ごとバックアップしていては時間が掛かり過ぎます。ですが「差分や増分」のバックアップなら、前回との変更部分のみバックアップできます。なので短時間でバックアップ処理を終わらせることができます。

バックアップの方法

バックアップには、いくつかの「やり方」があります。どのようにファイルをコピーするかによって、コピー、ミラーリング、差分バックアップがあります。

コピーとは、対象となる全てのファイルをコピーする方法です。
バックアップ元と同じ分だけ、バックアップ先の容量が必要となります。ファイルを復元する時、とても簡単にできます。

ミラーリングとは、バックアップ元とバックアップ先を同じ状態に保つ方法です。
例えば、バックアップ元で削除されたファイルは、バックアップ先でも削除されます。2つの記憶装置において、同じ状態にしたい時に有効な方法と言えます。

差分バックアップとは、追加や変更されたファイルのみをコピーする方法です。
前にバックアップした状態と違うファイルを、差分としてコピーします。もしも同じファイルが何度か更新されたら、その更新回数だけバックアップ先にコピーされることになります。

なお、差分バックアップでは、直前のファイルを始め、何日か前のファイルも復元できるという特徴があります。ファイルの更新履歴をさかのぼって、当時のファイルを復元できます。

毎日バックアップ

私事になりますが、一般的な会社と違って小規模な仕事になりますが、Windows OSのパソコンを使って自営業の仕事をしています。仕事の規模は小さいけれど、取引先から大事なデータや作業指示書を受け取ることもあり、Windows OSのパソコン内にあるデータを管理・保管する必要があります。

なので、市販のバックアップソフト(Acronis True Imageソフト)を用いて、毎日、最低限のバックアップをしています。
※現在、Windows OSが入っているSSDの内容を、外付けのハードディスクにバックアップしています。バックアップソフトは、SSDのバックアップにも使えます。



タイトルとURLをコピーしました