病気が原因で起こる口臭

病気が原因の口臭

口臭の原因の一つに、病気が原因で起こる口臭があります。ここで言う病気とは、「口の中の病気」と「その他の病気」に分けられます。

病的な口臭とは、

虫歯や歯周病(特に歯槽膿漏)などの口腔の病気が原因で起こる口臭のことです。

他には糖尿病などの全身的な疾患が原因で、口臭が起こることもあります。ですが、口腔の病気が原因で起こる場合がほとんどです。原因の90%以上が、口腔の病気と言われています。つまり口臭の原因となる病気は、ほとんどが「口の中の病気」です。

まず、よく言われている病気として虫歯があります。虫歯から悪臭が出ている場合です。神経が腐っている歯は、特にニオイがキツいと言われています。
歯槽膿漏や歯周炎も、口臭の原因となります。これらも早急に治療する必要があります。
「舌の汚れ」である舌苔も、悪臭の原因となるでしょう。あまりにも白っぽい舌だと「汚れすぎ」と言えます。歯医者に診てもらうといいかもしれません。

定期的に歯科検診を受けるようにすれば、口の中の病気を早期に発見できると思います。定期的な歯科検診の受診を、検討しましょう。

口の中以外の病気

口臭の原因が口の中以外にある事例として、以下のような問題が挙げられます。

  • 「鼻」や「のど」の病気。
  • 呼吸器系の病気。
  • 消化器系の病気。
  • 内臓の病気。

これらに該当すると考えられる場合、各科の専門医に検査と治療を行なってもらう必要があります。もしも感染や炎症の症状もあるなら、腫瘍である可能性も否定できません。専門医に、診てもらいましょう。

内臓から発生したニオイが、口臭の原因になっている事例があります。例えば、胃腸の調子が悪い時などです。「胃腸の働き」が悪いと、ゲップみたいなニオイが口から出ている場合があります。
また、肝臓が病気の場合、動物のネズミみたいなニオイがするという指摘もあります。
内臓に健康上の異常があるなら、すぐに治療しましょう。病気が治れば、口臭も「きっと軽減する」と思います。

虫歯

虫歯口臭の原因の一つに、虫歯があります。虫歯は、特有のニオイを出します。さらに、虫歯の穴に溜まった歯垢や食べカスも、口臭の原因となります。虫歯や歯肉炎症がひどくなると、キツい口臭を発生させます。

ところで、虫歯の原因は酸です。口内細菌が食べカスを餌にして増殖する時、酸を発生します。この酸が歯を溶かして、虫歯となります。
ちなみに、産まれてきた時の赤ちゃんの口の中には、虫歯の原因になる細菌はいません。存在していません。多くの場合、お母さんが虫歯を持っていて、食べ物を口移しであげたりした時に、虫歯が子供に感染するそうです。

歯周病

ある女性の口臭の原因について、ご紹介したいと思います。
歯に被せていた物が外れてしまって、何年か放置していたそうです。そこの歯肉が陥没してしまい、口臭の原因になったそうです。
歯医者に行ったところ、この陥没している歯肉と、歯周病や歯槽膿漏が進行していたために、口臭がひどくなったと指摘されました。
歯医者からは「もっと早く来ていたら、こんなに悪化しなくて済んだのに……」と言われたそうです。このように病気になってしまったら、すぐに医者に診てもらう必要があります。

歯周病や歯槽膿漏が原因で、口臭が起きることがあります。こういう場合は、きちんと歯の治療をしない限り治らないと思います。歯医者が嫌いな人が多いと思います。しかしそのまま放っておくと、将来もっと痛い思いをすることになります。今すぐ治療するようにしましょう。もしも「治療の痛さ」が気になる人は、痛くないようにしてくださいと歯医者に相談してみましょう。

予防対策

ところで「歯ぐき」の病気になる前に、普段からできる予防対策はあるでしょうか。
一つには、噛むという行為があります。噛むことによって、「歯ぐき」を鍛えられます。そして血液の循環が良くなり、歯槽膿漏や歯周病という病気を予防できるそうです。適度にガムを噛むことも、良いことです。
また、噛むことで唾液の分泌が促進されます。これは、口臭の予防にもなります。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム