介護の際に軽減できる口臭

介護をする側そして介護をされる側、両者において体臭は「悩みの種」になりやすいと言えます。特に寝たきりになってしまって、自身では体臭をどうすることもできない場合、その「ご本人自身」が体臭で悩んで、心が傷ついている場合があると聞きます。そして介護する側においても、体臭を「どうやって軽減させるか?」日々続く介護生活において解決したい問題と言えます。

口臭の軽減

実際には、体臭を100%消臭するのは無理です。だけど介護する人が工夫することで、不快なニオイを軽減させる事はできます。
例えば口臭については、介護する側が一工夫することで軽減できるニオイと言えます。
介護する人の指にガーゼを巻き付けて、要介護者の口の中を拭き取ってあげると良いでしょう。口の中に残っている「食べかす」を取り除けると思います。

舌ブラシそして舌についても、清潔にしてあげると良いでしょう。舌苔(ぜったい)については、市販の専用のブラシを使っても良いです。

ちなみに、口をたくさん動かすことで口臭を軽減できます。なぜなら唾の分泌が促進されるからです。口臭予防をしたいなら、たくさんおしゃべりしたり歌を歌ったりするほうが良い、と言えます。口臭がひどいからといって黙らせてしまうことは、口臭予防においては逆効果となるでしょう。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム