座るだけで運動したことになる、バランスボール

バランスボール

バランスボールとは、大きめのゴムボールです。スイスで、リハビリテーション用具として開発されました。その後、病院やスポーツジムなどで使用されて広まって行きました。
最近では学校やオフィスにおいて、色々な方法で使用されるようになりました。

バランスボールを使えば、一つの運動で様々な箇所の筋肉を鍛えられます
そうすることで、有酸素運動の効果が高くなります。さらに「体の歪み」が矯正されて、血行も良くなるので、疲労物質が除去されやすくなります。
疲れにくくなるので元気に運動できるようになり、ダイエットに良い影響を与えるでしょう。

従来の筋トレでは一つ一つの筋肉を鍛えていくので、他の筋肉と「一緒に運動するという働き」を実施できませんでした。
筋肉の連動性が悪いままなので、筋肉をつけても、つまずいて転んでしまったり、ちょっとしたことで怪我をしたり、ということが起きていました。

座るだけで運動

まるで椅子に座っているだけでエクササイズできる。そんな都合の良いことができるはずないと、疑うかもしれません。実は、ここで言っているエクササイズとは、バランスボールを用いた運動のことを言っています。

普段、座っている椅子の代わりにバランスボールを使うだけで、結構な運動になるということです。

バランスボール

ちなみにバランスボールの座り方は、ボールに座った際、足がしっかり床についている事が大事です。そして、膝の角度が90度になっているのが理想的です。

なお、高齢者や初心者の方は、膝の角度を90度以上にしてください。こうすると、エクササイズの難易度を低くできるからです。

その使い方は、とても簡単と言えます。子供たちでも問題なく使用できます。
実際にバランスボールに座って勉強している子供達もいる、と聞きました。
そして子供らしく、バランスボールで遊びながら座っているようです。わざとバランスボールの上でバウンドしてみたり、腰をクネクネと回してみたりと、バランスボールの上に座っているというよりも、バランスボールで遊んでいると言えます。

大人の場合、バランスボールは「こうやって使うものだ」と決めつけてしまいがちです。そんな決めつけたエクササイズを続ける事は、とても難しいことです。飽きずに毎日運動するためには、たまには遊ぶようにエクササイズするのも大事と言えるでしょう。

わき腹の腹筋を鍛えるエクササイズ

バランスボールのエクササイズで、わき腹の腹筋を鍛える事ができます。座ったままで出来る運動です。

  1. ボールに腰を掛けます。
  2. その状態で片足ずつ持ち上げます。

たった「これだけの運動」ですが、わき腹の腹筋を鍛えられます。足を上げる事でちょっと不安定になった腰を固定させようとして、腹筋が活躍するからです。

優秀な健康グッズと言えるバランスボール

全身の筋肉を鍛えられる健康グッズの中でも、バランスボールはとても素晴らしいグッズと言えます。なぜかと言うと、体のいくつかの筋肉、例えば「腹筋」や「背筋」、「お尻」や「太もも」の筋肉、体幹筋肉などを鍛えられるからです。
トレーニングの方法も何通りもあって、しかも行なうのが簡単なトレーニング方法です。普段あまり運動を行なっていない方でも、使いやすい健康グッズと言えます。

バランスボールが人気である理由の一つは、手軽であるからだそうです。「子供」から「お年寄り」まで、多くの人が手軽に使えるグッズです。隙間の時間やテレビを見ている時、疲れた時や就寝前などに、数分の間ボールの上に座るだけでトレーニングになります。

そしてバランスボールなら、日常生活にさりげなく利用できます。椅子として大きなバランスボールを使うだけで、筋肉トレーニングを行なえます。自宅で座っていることが多いなら、バランスボールに座るだけで運動していることになるでしょう。

なお、バランスボールを使う際、注意すべき点もあります。ご自身の身長に合ったサイズを選ぶことや、バランスボールの利用中、周辺に物を置かないようにすることなどです。
安全対策を行いつつ、上手にバランスボールを使っていただけたらと思います。

上級者になったら、高品質な物を使いましょう

なお、バランスボールを選ぶ際は、まずは価格の安い物で良いと思います。通常の市販品なら、品質もまずまずだと思います。

そしてバランスボールを使ったエクササイズに慣れてきたら、もうワンランク上の物を選ぶと良いでしょう。フィットネス用の物などが、いいと思います。ワンランク上の物は、やはり耐久性やバウンド感が違います。

上級者向けの運動を行なう場合、例えばバランスボールの上に立つなどする場合、品質の良い物を使う必要があります。
品質と言えば、ギムニク製の物が一番品質がいいと言われています。覚えておくと良いでしょう。