動き回っても大丈夫な「社交ダンスの衣装」

社交ダンス専用の衣装

社交ダンスでは、衣装やシューズを選ぶ必要があります。普段着ているカジュアルなファッションでは、ダンス会場で踊れないでしょう。

競技会や発表会という場では、

男性ならタキシードを着ることになります。
女性ならフレアスカートのワンピースを着ることになるでしょう。
シューズは、もちろんダンスシューズとなります。

ダンス教室などで練習として踊る場合は、ややカジュアルな服装で良いでしょう。基本的には、踊りやすい服装なら良いと言えます。男性なら、シャツとパンツで踊れます。女性なら、ブラウスとフレアースカートで踊っても良いでしょう。

いま流行しているカジュアル・ファッションの中には、ダンスの際でも着用したいと思わせるほど、おしゃれで華やかな物があります。しかしダンスは、スポーツと同じくらいに動き回るものなので、やはりダンス専用の衣装を選ぶことになります。

衣装の生地

社交ダンスを踊る男女華やかな衣装を作るには、それぞれの目的に合う生地を選ぶことが大事です。以下に社交ダンス衣装の生地について、簡単にご紹介したいと思います。

社交ダンスの衣装において、主に使われている生地は「50Dジョーゼット」でしょう。
原色から淡い色まで美しく発色できる生地であり、そのシルエットも美しいと言われています。「華やかさ」を演出したいダンスの衣装に、最適な生地と言えます。

もしもセクシーな雰囲気を出したいなら、「メッシュ」という生地が良いでしょう。この生地は、レイヤー的デザインを作りたい場合に使われる生地です。

光沢感が欲しいと思ったら、「サテン」や「オーガンジー」も良いでしょう。

その他にも様々な生地があります。実際に現物を見る機会があったら、ぜひご覧になってください。

ダンス用シューズ

レディース用のシューズは、ファッション・アイテムにおいて常に注目されるアイテムです。そして芸術の世界でも、シューズは重要とされています。例えばダンスを行なう際、ダンス用のシューズは必須と言えます。

一般的なシューズとダンスのシューズにおいては、「底の作り」が違います。

ダンス用の物は、シューズの底が柔らかい革となっています。

なぜかと言うと、ダンス中に滑らないようにするためです。

ちなみにダンスには、ワルツやルンバなどの種目があります。当然ダンスシューズも、それぞれの種目に合わせた物になります。例えばワルツでは、つま先が閉じている、足全体を包み込む形のシューズを履くことになります。

きらびやかな女性が社交ダンスをしている場面を見たことがありますが、衣装とともにシューズも、ダンスを華やかにするアイテムと言えます。
なお、普段使いとしてダンス用のシューズを用いるのは難しいと思います。だけど着こなし上手の方なら、可能かもしれません。