アトピー性皮膚炎の対策・バリア機能になる馬油を塗る事

アトピー性皮膚炎の対策となるスキンケア

スキンケアのクリームアトピー対策では、スキンケアが大切です。アレルゲンが乾燥した肌から進入して反応することを防ぐために、肌の乾燥に気をつけてケアすると良いです。

そして肌のケアでは清潔であることも、重要なポイントです。不潔になっている肌の部分では、汚れ自体が刺激になったり、細菌が繁殖したりします。

もしも、あまりにも悪化してしまった場合は、ステロイドが必要になります。しかし普段の「お手入れ次第」により、薬を使う頻度を減らせます。
適切なスキンケアを続けることで、薬を「あまり使わずに改善できた人」もいるそうです。

肌のバリア機能の低下

肌のバリア機能が弱まっている事が、アトピーの原因の一つとして挙げられます。
何かの理由によって肌のバリア機能が弱まった場合、アレルゲンが体内に侵入しやすい状態になってしまいます。そうなると、アトピーの症状が発生してしまいます。

通常、人間の肌は分泌される皮脂によって、バリア機能が有効に働いています。アトピー症状を改善するためにも皮脂の分泌を正常に戻して、バリア機能が有効に働いている状態に戻す事が必要です。

ただし、そのように体質を改善してゆくには、かなりの時間が掛かるようです。よって、肌のバリア機能が元に戻るまで、アトピーの症状が続く事になります。

肌のバリア機能となる馬油

馬油は例えばシャンプーなどで、とても人気がある製品です。この馬油は、アトピー治療においても注目されているようです。

肌のバリアを張るという治療法において、「皮脂の代わり」として「馬油クリームを塗る」という方法があります。

馬油の成分は、皮脂と「かなり近い成分構成」となっています。なので人間の肌に対して優しいため、アトピーを悪化させる原因にはなりません。

そして馬油には、抗菌作用や活性酸素除去作用、血行促進作用があると言われています。これらの作用は、肌に良い作用です。特に抗菌作用は、肌のバリアという役割を果たす上で必要な作用です。

以上より、アトピー治療に馬油を利用することは有効であると言えます。
ただし抗炎症の効果は、そんなに高くありません。なのでアトピー治療に馬油を利用する場合は、アロマなどと併用すると良いと言われています。