IT技術者の資格・基本情報技術者

情報処理の入門的な資格

プログラム開発IT業界で働く際、その役割に対して大まかな呼び方があります。
例えば「システムアドミニストレータ」は、コンピューターのことを理解していて、さらにシステムの運用方法やネットワークの知識を持っている人のことを言います。
「システムアナリスト」は、システム化の計画や開発に携わる人です。
「ソフトウェア開発技術者」は、ソフトウェア開発に関する知識と技術を持っている人です。
なお、これらの呼び方に関係なく、業務でパソコンを使う場合は、パソコンの導入や運用、管理に関する能力を求められます。

IT業界を目指す際、上記のような役割にかかわらず、持っていると良いと言われている資格があります。それは、基本情報技術者という資格です。これは、情報処理の入門的な国家資格です。基本情報技術者の資格を取得することは、プログラマーシステムエンジニアとして仕事をする際、第一歩になると思います。

基本情報技術者の資格の受験者を見ると、学生やスキルアップを目指す社会人、IT企業に転職を希望する人が多くを占めています。
パソコンや情報処理と聞くと、理系である雰囲気が強いように思います。しかしパソコンに興味があって意欲のある人なら、特に問題なく、この資格の取得に挑戦できます。

基本情報技術者の資格については、テキストを理解して暗記することで、試験に合格できるようです。
試験の内容は、情報処理の技術全般に関する基礎知識や、上位技術者の指示に従ってプログラム設計書を作成するなどです。他には、選択したプログラム言語を使って、プログラムを作成してテストすることも試されます。
近年では企業を始め小さな販売店にまで、パソコン機器が導入されています。情報処理系の資格を取得することで、就職やキャリアアップ、転職に役立つでしょう。

IT技術者になる「きっかけ」の資格

基本情報技術者の資格は、IT系の資格の中で人気の高いものです。しかしその一方で、この資格がどれくらい有効なのか?疑問に思う人もいるようです。
その理由として、試験内容がコンピューターに関する広くて浅い知識をベースにしているから、実技試験がないからです。他にも実際の仕事では、製品と関係が浅い知識では即戦力にならない、と指摘されています。

しかし疑問視されていながらも、引き続き「この資格」は人気を保っています。
その理由の一つとして、「即戦力になる人材が欲しいことは事実だけど、ある程度敷居を低くして人材を確保しておくことも大切である」、このように考える企業も存在するからです。最初から「高度な知識と技術を持っている人材だけ」を採用しようとすると、どうしても人手不足となってしまいます。そうなると、業界側も困る結果となります。

基本情報技術者の資格は、IT業界への入場券を獲得するという意味で、多くの人たちが資格取得を目指しているようです。履歴書にも書ける資格だからです。
なお、コンピューター関連の仕事は、一つのプロジェクトごとに集合と離散を繰り返します。個人の実力は、その繰り返しによって鍛えられていくと言えます。

IT技術者の居場所

最後に個人的な感想になりますが、IT関連の技術者、例えばプログラマーなどは中高年になると職場での居場所がなくなる気がしています。いつまでもプログラム開発をしていないで、早く管理職になれ、というプレッシャーを感じたりします。
特に日本の企業では、中高年でプログラム開発していることを「キャリアアップとは認めない感じ」がします。キャリア開発では、プロジェクトマネージャーや管理職になることが推奨されているようです(2008年当時)。