肌トラブルを防ぐ、基本的なスキンケア

肌トラブルを防ぐスキンケア

肌トラブルに「お悩みの方」は、とても多いでしょう。そのトラブルの原因は様々なので、その対処の仕方も色々あります。
しかしスキンケアの基本である「洗浄・保湿・紫外線対策」をしっかりと行なえば、多くの肌トラブルを防げます。例えトラブルが起きても、症状を軽くできるでしょう。

洗浄

洗顔する女性

スキンケアの基本の一つである洗浄とは、肌を清潔にすることを意味します。「肌の汚れ」をしっかりと落とすことです。

この汚れには、「油性の汚れ」と「水溶性の汚れ」があります。例えば、「ファンデーションの汚れ」は「油性の汚れ」です。古くなった「角層(垢・あか)の汚れ」は、「水溶性の汚れ」です。

それぞれの「汚れ」は、性質に違いがあります。なので、それぞれの「汚れ」に対する洗浄料を用います。
「油性の汚れ」に対しては、クレンジングなどを用います。
「水溶性の汚れ」に対しては、普通の洗浄料・石鹸類を用います。

保湿

保湿ケアを行なう方法の一つに、入浴剤を用いる方法があります。全身の潤いケアを行ないたい場合、美容向けの入浴剤を使うと効果的です。入浴後に、肌がしっとりします。乾燥が改善されていることを、実感できるでしょう。

背中などの手の届かない部分は、保湿クリームを塗りにくいです。背中を始め、全身の肌が乾燥しがちな人には、入浴剤を使うケアは「おすすめ」です。「お子さん」や「お年寄り」などにとっても、入浴と同時に保湿ケアができるので良い方法です。

あと、外出時には、保湿効果と紫外線防止の効果がある乳液、またはクリームを付けると良いでしょう。外のホコリや乾燥、紫外線などによる肌トラブルを防げるからです。

紫外線対策

季節の変わり目になると肌トラブルが起きやすい、と聞きます。様々な原因が考えられますが、

一番の原因として考えられる事は、夏の時期に受けた強い紫外線です。

紫外線の影響によって肌にダメージが残っている、と考えられます。
ダメージを受けた肌は、皮膚の新陳代謝があまり行なわれなくなって来ます。すると肌がくすんできて、肌の表面がざらついてきます。目立つようなシミもできたりします。

そんな肌の状態で、秋から冬に季節が変わってゆくと、肌は乾燥していきます。日々、気温と湿度が下がってゆくからです。肌の水分量が不足していると、肌の「たるみ」や「しわ」ができる原因となってしまいます。

紫外線対策としては、例えば庭でガーデニングをする時や、ちょっとお散歩する時に、日焼け止めクリームを塗ったり、帽子を被ったりします。
紫外線によるコラーゲンの破壊に対しては、サプリメントの摂取を検討しましょう。
このような紫外線対策をすることで、活性酸素の発生を防いだりできます。なお、紫外線によって発生する活性酸素は、肌の老化を促進させる元凶の一つです。

とにかく日頃からスキンケアをしっかりして、肌を元気に保ちましょう。ご自身の「肌に合う化粧品」を用いて、適切にケアしてください。