フェイシャルと併せて、ネイルケアもできるエステサロン

爪を飾るネイルケア

ネイルケア

ネイルケアとは、装飾を含めた「爪のトータル的なケア」のことを言います。
爪の「長さ」や「形」を整える、甘皮の処理をする、カラーやアート、デコレーションや付け爪などで装飾することを言います。

最近流行しているネイルアートには、ジェルやスカルプチュアがあります。
ジェルネイルは、水あめ状の素材を固めて人工の爪を作る方法です。カラーやアートが長持ちして、他の方法では出せない艶を出せます。
スカルプチュアは、アクリル樹脂で作られた人工の爪です。自爪に延長して作り、その「長さ」や「形」については、好みに合わせることができます。また、「仕上がり」が自然であることでも人気がある方法です。

ネイルケアも出来るエステサロン

街中で、ネイル専門のサロンを見かけるようになりました。そしてエステサロンでも、ネイルケアを取り入れているところが増えてきているようです。例えば、フェイシャルなどの施術の合間にネイルケアを取り入れるサロンなど、あります。

女性のネイルに対する関心は、年々高まっています。

エステサロンのネイルケアは、自分で行なうよりも美しく仕上がります。そのため、定期的に通う女性も多いということです。

ネイルケアは「身だしなみ」であり、ファッションにおいても人気があります。女性は指先までケアされていることによって、緊張感が生まれて、「しぐさ」や「意識」にも変化が出てくるようです。