大豆食品など、バストアップに良い食べ物

「胸に良い食べ物で、バストアップしてみませんか?」
 

例えば、胸に良い食べ物を食べ続けながらバストアップのストレッチをしたら、きっと効果もアップするでしょう。

ビタミンを含む食べ物

胸を大きくするのに良い食べ物としては、ビタミン類とタンパク質が挙げられます。

ビタミンA

ビタミンAやカロチンは胸を大きくするのに良い、と言われています。
これらの栄養素は、皮膚や粘膜を良好な状態に保つ働きがあり、不足すると皮膚の抵抗力が低下します。よって不足により、「肌荒れ」の原因となります。

カロチンについては、摂取後に体内でビタミンAに変換されます。なので、カロチンはビタミンAと同じ効果があります。

ビタミンAを含む食品で代表的なものは、「レバー」と「うなぎ」です。
また、「チーズ」「バター」「ピーマン」にも、このビタミンが豊富に含まれています。

カロチンは、「にんじん」「かぼちゃ」「ニラ」「ほうれん草」などに含まれています。

ビタミンB2

そして、ビタミンB2も胸を大きくするのに適した成分です。新しい細胞の生成を促して、代謝を向上させる効果があります。
また、脂肪の代謝を改善して、体内のコレステロール値を下げる効果もあります。

ビタミンB2は、「モロヘイヤ」「うなぎ」「納豆」「パセリ」「シソ」など、多くの食品に含まれています。
生で食べられる野菜については、生のままで食べても良いでしょう。

ビタミンB6

ビタミンB6は、タンパク質の代謝で働いてくれるビタミンです。これが不足すると、肌荒れ・吹き出物という肌のトラブルが起きてしまいます。

ビタミンB6が含まれている食材としては、「マグロ」「サンマ」「サケ」などの魚介類や、「レバー」「豚のもも」「さつまいも」などがあります。
果物では、バナナがあります。バナナは手軽に食べられて、お安いです。普段から買い置きしておきましょう。

大豆食品も食べましょう

大豆

バストアップのために良いと言われているエクササイズやマッサージを、自分なりにきちんと行なっている。だけどバストアップの効果を、いまいち実感できない。
そんな時、いつもの食生活を見直してみると良いかもしれません。

実は、豊胸の効果を期待できる食品があるからです。よく知られている物は、大豆食品です。

大豆にはタンパク質やカルシウム、脂肪や鉄分などのミネラルがたくさん含まれています。
そしてイソフラボンという「女性ホルモンと似た働き」をする成分も、含まれています。このイソフラボンは、バストアップに効果的とされています。

食べ方

大豆の主な食べ方としては、煮たり蒸したりという加工をした後、食べることが多いです。
例えば枝豆(若い大豆)は、塩茹でにして食べます。お酒の「おつまみ」として、よく食べられています。

熟した大豆については、豆乳を作るのに使用されます。そして豆乳からは、豆腐などが作られています。
大豆を発酵させた物からは、納豆や味噌、醤油などが作られています。

以上のように、大豆には色んな食べ方があると言えます。なので普段の生活で、大豆食品を取りやすいと思います。バストアップを目指すために食生活の改善を考えている方に、ぜひ活用していただきたい食品と言えます。

豆乳

女性がバストアップのための食品として、よく挙げるのが「豆乳」です。
豆乳には、「女性ホルモンに似た働き」をする「大豆イソフラボン」が多く含まれています。
近年では、大豆特有のニオイを抑えた美味しい豆乳の研究開発が進んでいます。なので、豆乳を気軽に摂取できると思います。

イソフラボンを含む、その他の食品

なお、その他にイソフラボンを含む食品としては、「とうもろこし」「人参」「ほうれん草」「じゃがいも」「にんにく」「小麦」「米」などがあります。

なお、イソフラボンを過剰に摂取するのはやめましょう。いくらバストアップに良いと言っても、過剰摂取は、体に悪影響を与える場合があるからです。

バランス良く栄養を取りましょう

大豆の他にも鶏肉やキャベツ、ローヤルゼリーやプエラリアなどもバストアップに良いと聞きます。いくつかの食材を試してみると良いでしょう。

以上のような食材を食生活に取り入れれば、バストアップと健康維持に役立つと思います。
忙しくて料理をする時間がない人には、サプリメントが適していることもあります。しかし基本的にはサプリメントに頼らず、普段の食事から栄養を摂取したいものです。

あと、バストアップに直接関係ない食品も、食べてください。偏った食生活をしていると、不健康によりバストアップの効果がなくなってしまうこともあります。バランス良く栄養を摂取するようにしてください。