乾燥肌の原因・食生活の乱れ

肌にとって大事、良い食事

私は今まで、お肌のケアに手間を掛けてなかったんです。
しかし仲のいい年上の先輩に
「若い時からきちんとお手入れしとかなければ、30代になって悔やむことになっちゃうよ!」
と、忠告されました。

よってこのタイミングで、肌のことをしっかりと考えようと思いました。

肌のケアとは、良い化粧品を使えば「全て良し」とは言えないようです。肌の健康に良い食事も大事だと聞きました。

もしも食生活が乱れていると、皮膚が必要としている栄養素を取ることができません。
これでは、「皮膚に潤い」がなくなってしまいます。

特に気をつけたい、コラーゲン不足

豚足

乾燥肌では、様々な成分が不足しているようです。不足している成分の中でも、コラーゲンやヒアルロン酸は重要な成分となります。

コラーゲンは、私たちの体内の「あらゆる部分」に含まれているタンパク質の一種です(皮膚・筋肉・血管・爪・目・髪・骨・歯などの部分に、含まれています)。

もしもこのコラーゲンが不足すると、乾燥肌だけでなくて「しみ」「シワ」、さらには「関節痛」の原因にまでなります。

皮膚の真皮部分では、保水力の高いヒアルロン酸などがコラーゲンの隙間を「埋めるかたち」になっています。
もしもコラーゲンが減ってくると、真皮の容積が小さくなります。するとヒアルロン酸も減ってしまい、真皮中の水分量も減ります。そうなると「肌の張り」が失われてゆきます

カサカサな肌になって老けた印象にならないためにも、食生活の改善を始めてみましょう。

サプリメントで食生活を改善しましょう

乾燥肌のケアにおいては、「内側からケアして、外側からは簡単なスキンケアだけにする」という事が、理想的です。

体内に補給して、スキンケアの効果を期待できる成分としては、コラーゲンやヒアルロン酸があります。これらの成分を補給するのに簡単な方法としては、サプリメントを摂取するという方法があります。

コラーゲンのサプリメントは、美肌やアンチエイジングに適しているとされる製品です。
コラーゲンは、肌の弾力性を保つために使われます。よって、肌の「弾力性の低下」や「たるみ」に悩む方に最適なサプリメントです。

自然界に存在する食品から、コラーゲンを摂取することも不可能ではありません。だけど、それらの食品はカロリーが高い物が多いです。コラーゲンの摂取目的でたくさん食べる場合、高カロリーという点が気になります。

なお、コラーゲンだけを摂取しても、ヒアルロン酸などのムコ多糖体と呼ばれる保湿成分が不足しているなら、「水分を維持している若い肌」を保てないでしょう。
なのでサプリメントの摂取をする場合、コラーゲンとヒアルロン酸を一緒に取るほうが効果的だと思います。

加齢によって進む乾燥肌

乾燥した肌の状態を見れば、肌の年齢がわかるとも言われています。つまり、年齢とともに乾燥肌は進行すると言えます。

成長期を過ぎた20歳代をピークに、保湿成分や皮脂がどんどん減っていきます。そして乾燥肌気味になっていきます。
30歳を過ぎた頃から「お肌の曲がり角」と言われるのは、このためかもしれません。

コラーゲンとヒアルロン酸は、「肌に潤い」を与える成分です。これらの成分は、加齢とともに減少することが知られています。
つまり、コラーゲンの減少が乾燥肌につながるのです。

当然、何もしなければ――例えば食生活の改善をしなければ――肌はカサカサに乾燥してしまいます。そのため、アンチエイジングの観点からも、肌の乾燥を防ぐことは重要です。

若い頃は、誰もがピカピカでピチピチの肌をしています。
しかし、年を重ねるごとにそれが失われていきます。その結果、残るのは乾燥肌だけです。

若々しい肌を保つためには、出来る限りコラーゲンとヒアルロン酸を一緒に取ると良いです。