ワキガのニオイを消す方法

強いニオイのワキガ

腋臭症(わきがしょう)つまりワキガとは、汗が原因で強いニオイを発する症状です。

その汗は、皮膚のアポクリン腺から分泌される物です。その汗が皮膚上で、皮脂腺から分泌された脂肪分やエクリン腺から分泌された汗と、混ざります。その後、皮膚に常在する細菌によって分解されます。そしてワキガを発する物質が、生成されます。
なお、アポクリン腺の分泌物自体は、無臭です。

世界でも稀な「清潔好き」の日本社会において、汗のニオイ・ワキガは、まさに敵扱いされます。
日本において、ワキガが敵扱いされるのには、次のような事情があります。
大半がモンゴロイド人種から構成される日本社会では、腋臭形質を持つ人が少数派である、という事情です。

一方、コーカソイド人種の一角を構成する白人や、大多数がネグロイド人種である黒人では、腋臭形質を持つ人のほうが、持たない人よりも多いです。なので、日本の場合なら腋臭症として嫌がられる人や、そう自認して憂鬱な気分に陥ってしまう人が、それを気にしていません。
それどころか、かえってワキガは、異性に対して魅力的とさえ感じられることもあると言います。つまり、フェロモンとして機能したりします。

強い不安感の原因

不安
不安のイメージ画像

ワキガが、どのくらい他の人に不快感を与えるものであるか、については、その個人が属する集団によって差が見られるそうです。

例えばワキガのニオイを嫌う人が多い集団では、ワキガを持つ多くの患者さんが、それを過度に気にする精神状態に追い込まれます。そのツラい精神状態のために、「うつ病になってしまう恐れ」もあったりします。

また、実際にはワキガでないのに、勝手にワキガであると自己判断してしまい、自己臭恐怖症になっている人も多く見られます。

このようにワキガで悩んでしまうと、ワキガは治さなくてはならない事と思い込み、その人は美容整形に助けを求める事になります。

ワキガのニオイを消す方法

脇の脱毛

わき脱毛した女性

男女の関係なく、脇を脱毛したいという希望が多いそうです。
その理由の一つに、ワキガの原因をなくすためという理由があるそうです。脱毛によって脇毛を取り去ることで、細菌の繁殖を最小限に抑え込み、ワキガの原因をなくすということです。

脇に汚れが付く・付かないの差によって、ニオイに差が出てくるそうです。なのでワキガで「お悩みの方」は、この機会に考えてみるのも良いと思います。脇を脱毛することで、「ワキガの悩み」をある程度解消できると思います。

脇毛を「こまめに剃ること」で、ある程度のワキガを抑えられると言われています。
脇毛を処理することで通気性が良くなり、ニオイがこもらなくなります。だから肌の露出が少ない冬でも、脇毛を剃っておくように心掛けましょう。

あと、脇毛を抜くとワキガになるという話があるそうですが、それは違うようです。
ただし脇毛を抜くことは、危険なケースもあります。抜くよりも剃ったほうがいいです。

消臭剤

ワキガ対策の消臭について、お話したいと思います。
ワキガの症状の程度が軽い場合(普通に日常生活を送れるくらいの場合)、ニオイの分子を吸着してくれる消臭剤を使用してみましょう。それでワキガ対策になります。

消臭に関する化学については最近進歩してきており、ニオイの元を無臭の成分にしてしまう消臭剤も登場しています。
また、悪臭の元となる成分を包み込み、ニオイを発生させないようにする消臭剤もあります。
効果の高い消臭剤を見つけて、使ってみてください。

お酢を飲む事

ワキガ対策には先程言った消臭剤を使う、という対策があります。別の対策としては、お酢を飲む事があります。

お酢を飲むと、ワキガの「臭い消し」に効果的と言われています。

「筋肉痛や肩こり」の元となる疲労物質の乳酸は、汗腺の中で増加するとアンモニアが大量に分泌されます。これは、ワキガ臭をキツくさせる原因となります。

しかし「お酢を飲む事」で、乳酸が体内で溜まりにくくなります。そして「血液の流れ」も良くなります。なので「お酢」には、乳酸を排出してくれる作用を期待できます。

ワキガのニオイを抑えるためには、「良い汗」をかくことも大切です
お酢には、「良い汗」に必要なカルシウムを体内に吸収させようとする働きがあります。なのでワキガ対策として、毎日の生活で「お酢」を飲むようにしてみましょう。

お酢を飲む事は健康にも良くて、ワキガの対策にもなります。もしもワキガのニオイに悩んでいるなら、一度試してみると良いでしょう。

お酢風呂

入浴して汗をかく

また、体臭を軽減させたい時、お酢風呂に入ると良いです。

お酢入りの湯船に浸かると、お酢に含まれているクエン酸の効果により、肌が弱酸性に保たれます。よって雑菌の繁殖を抑える事ができて、体臭を防ぐことに繋がります。
その際、開いた毛穴からクエン酸が吸収されると、アンモニアのニオイがする汗を抑えることもできます。

やり方

お風呂に「お酢」を入れるタイミングは、入浴の直前です。
お酢の量は、コップ半分より少ないくらいです。少しの量で良いです。量が少ないので、浴室が酢のニオイに満たされる事もないでしょう。

体が汗臭い時、この「お酢風呂」を試してください。